祐真朋樹|JOHN LAWRENCE SULLIVAN柳川荒士さんと対談!

祐真朋樹|JOHN LAWRENCE SULLIVAN柳川荒士さんと対談!

祐真朋樹対談

SUKEZANE Tomoki|祐真朋樹

新コーナー「突撃! 隣の物づくり」
第1回ゲストはJOHN LAWRENCE SULLIVANデザイナー 柳川荒士さん

トモキ倶楽部の新コーナー、「突撃! 隣の物づくり」。デザイナー、アルチザン、ショップオーナー、シェフ、アーキテクト、バーテンダー……などなど、僕が会いたいひとに話を聞きに行きます。第1回のゲストは、JOHN LAWRENCE SULLIVAN(ジョン ローレンス サリバン)のデザイナー、柳川荒士さんです。

Interview&Text by SUKEZANE TomokiPhoto by IGARASHI Takahiro

今回で東コレは最後という噂のJOHN LAWRENCE SULLIVAN

渦中のデザイナー、柳川荒士さんに真相を直撃!

祐真 東京コレクションの時期ってなぜか海外ロケとかが入って日本にいなかったりすることが多くて、これまであんまりちゃんと見てこなかったんだけど、今回はずっと東京にいられたので結構いろいろ見て回りました。で、荒士くんのJOHN LAWRENCE SULLIVANと尾花(大輔)くんのN.HOOLYWOODは今回で東コレは最後だ的な噂を耳にしたんで、それじゃぜひそのあたりの話を聞きたいな、と思いまして。で、今回のコレクション、僕すごく好きでした。

柳川 ああ、そうなんですか!

祐真 「今回は好きにやれました」と言ってたけど、今までは好きにやれなかったわけ?

柳川 ショーって、ずっとチーム組んでやってたじゃないですか。演出がいて、スタイリストがいて、ヘアメイクがいて……で、僕の洋服があって。みんなでミーティングしながらやってたんですが、デビューしてショーを重ねていくと、マスコミにも大きく取り上げていただけるようになって、そうするとだんだんなんて言うか「おもしろいことやらなきゃいけない」とか「変わったことをやらなきゃ」とか、そういうのが自然と先行していったような気がするんですよね。もちろんやってるそのときはテンションも上がってるしそれでいいんだけど、時間がたって振り返ると、本当に自分が今シーズン伝えたかったことって何だったのかな〜って思うシーズンも多かったんです。なので、思い切って本音だけで勝負したらどういう気持ちになれるのか、っていうところを探りたかった。まぁ、僕の要素をちょっと多くしてもらった、っていう感じなんですけど。……「僕の要素」って……何ですかね(笑)。

祐真 謙虚ですね。「多くしてもらった」って(笑)。つまりこれまでは、ショーってものは柳川さんが仕切ってリードするっていうよりは、「チームで作り上げていく」っていう意識が強かったんですね。

柳川 そうですね。スタイリングはともかく、ヘアメイクとか演出っていう部分は任せる部分が多かったと思います。でも今回は、できるかぎり自分の要素を強く出せるようなショーをやりたいと思ったんですね。

祐真 なるほど。だからよく見えたのかなぁ。

柳川 ですか?(笑)

祐真 僕は基本、「ショーは服だ」と思ってるんですよ。服しか期待していないっていうか。ま、ジョン・ガリアーノとかマックイーンみたいに凝った演出を見せてくれるショーにもすごく感動しますけど。でも基本的には服。果たしてその服がいいのかどうなのか、ってことだけ思っていっつも見てるんですけど、やっぱり今回のJOHN LAWRENCE SULLIVANはすごくよかった。「着たいな〜」と思えるものがすごくたくさんあった。

柳川 ありがとうございます。本当ですか?(笑)。そう言っていただけるとホッとします。毎回、いろんな評価があるんでね。

祐真 多分、ショーを見たのは3回目なんですよね。最初に見たのはファーストかなぁ? 2回目かな?

柳川 セカンドですね。あのとき、祐真さんがバックステージに来てくれたの、覚えてます。

祐真 で、あとはあの寒い、雪待ちみたいな状況で見たやつ(笑)。

柳川 こないだの秋冬ですかね(笑)。 すみません、あれ寒かったですよね。

祐真 あのときは寒すぎて記憶が薄くなってる(笑)。まぁほかも全部録画で見せてもらってますけど、確かにほかのショーと今回のショーは趣がちがう。これまでより、なんて言うか、服に集中しているように思えた。

柳川 なんか、自分たちの会社の規模でああいうこと、つまり大きな会場で大がかりな演出で、っていうショーをつづけていくことが本当に正しいことなのかなって、すごく疑問に思うようになっていたんですよね。

祐真 使いすぎたってこと? お金。

柳川 そうですね(笑)。それもありますし、服をもうちょっとシンプルに見せたい、根本に帰りたいっていうのがあったんです。祐真さんに見ていただいた2シーズン目とか、ああいうのが身の丈に合ってたのかな、みたいな。

祐真 すごい良かったですよね。

柳川 ああいうのをやるべきなんじゃないか、と思った。あのときの気持ちをすごく引きずっていたのかもしれないですね。で、それからだいぶ回も重ねてきて、みんなスキルアップしたはずで、この状態であのセカンドシーズンのニュアンスでやったらどうなるんだろうな、って考えて提案しました。

祐真 おそらく、見に来た多くはその思いを共有したんじゃないかな。作る側も見る側も気持ちいい、っていうバランスになっていたと思う。そこにリアリティもあったしね。リアルな感じがないと、他人事ながら「あ〜あ、こんなことしてていいのか!? 大金使って……」って心配になっちゃったりするからね。

柳川 はい(笑)。そうですよね。

祐真 東コレの場合、とくにそう思うね。ミラノとかパリとかだと、「ああ、おもしれー。もっと騒げ!」とかって思うんだけど……日本の若手に対しては何か特別なシンパシーがあるのかもしれないです。

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』 …