ジュネーブモーターショーの現場から:マクラーレン篇|McLaren

CAR NEWS

McLaren|マクラーレン

Geneva International Motor Show 2015

ジュネーブモーターショーの現場から:マクラーレン篇

モーターショーの花形はいつの時代もスーパーカーだ。今年のジュネーブでもフェラーリをはじめ、ランボルギーニアストンマーティンといった強力なブランドから多くのニューマシンが登場した。そんな老舗ブランドがひしめくなかで、ひとり気を吐くブランド、マクラーレン。新型「675LT」のワールドプレミアを飾った会場から、大谷達也氏がレポートする。

Text by OTANI Tatsuya

マクラーレンのレーシングスピリット

冒頭に流されたビデオは、イエローとオリーブグリーンの“ハロッズ カラー”に彩られたマクラーレン「F1 GTR」が、イギリスらしい“ちょい濡れ”のサーキットを疾走するシーンではじまる。このシャシーナンバー“#06R”は、5台のF1 GTRが初参戦して1-2-3フィニッシュを達成した1995年ルマン24時間で3位入賞を果たしたモデルそのものという。やがて、よく似たカラーリングの最新モデル、マクラーレン「P1 GTR」がこのF1 GTRを追い越していく。

こうして、P1 GTRがマクラーレン オートモーティブのレーシングスピリットを正統に受け継ぐモデルであると同時に、数々の記録を打ち立てたF1 GTRを凌ぐ性能の持ち主であることを見る者に印象づけたのである。このビデオにつづいて、さまざまなドライバーサポートやサーキット走行などのプログラムが付随したマクラーレンP1 GTRの解説がはじまったのだが、このモデルに関してはすでにOPENERSでは紹介済み。しかし、冒頭のビデオにはもうひとつの重大な意味が隠されていたのである。

McLaren F1 GTR / P1 GTR

McLaren F1 GTR Longtail

もともとロードカーとして開発されたマクラーレン「F1」のレーシングバージョンであるF1 GTRは、前述のとおり1995年シーズンにデビューしたが、その後、ライバル陣営が戦闘力を増してきたことに伴い、マクラーレン自身もF1 GTRのパフォーマンスアップに取り組んでいく。そして、その究極の姿が1997年にデビューした「F1 GTR ロングテール」だった。これは95年モデルに対して全長を855mmも延長してエアロダイナミクス特性を改善したモデル。

おかげで同年のFIA GT選手権ではタイトル獲得こそ逃したものの、マクラーレンとして通算5勝を挙げ、マクラーレンF1 GTR ロングテールを走らせたBMWモータースポーツ(マクラーレンF1がBMW製エンジンを積んでいたことによる。実際のチーム運営はシューニッツァーが担当)はシリーズ2位の座を勝ち取ったのである。