プジョー、208をマイナーチェンジしてジュネーブで公開|Peugeot

プジョー、208をマイナーチェンジしてジュネーブで公開|Peugeot

CAR NEWS

Peugeot 208|プジョー 208

プジョー、208をマイナーチェンジしてジュネーブで公開

スイスで開催中のジュネーブショーで、プジョーはマイナーチェンジした208を発表した。全モデルに排出ガス規制のユーロ6に適合したエンジンが搭載される。

Text by SAKIYAMA Chikako(OPENERS)

マイナーチェンジで、ユーロ6適合エンジンを採用

プジョーは開催中のジュネーブモーターショーでコンパクトハッチ「208」をマイナーチェンジ。ワールドプレミアをおこなった。

2012年のフルモデルチェンジから3年を経た今回のマイナーチェンジでは、その顔つきを変えている。フロントグリルはボディとの境をなくして一体感を演出。LEDが組み込まれたヘッドライトはカットをすっきりとし、バンパーに組み込まれたフォグライトも周囲が黒くふちどられた。また、ライオンの爪をかたどったテールライトやホイールの意匠も変更を受けている。ボディカラーにはあざやかな新色「オレンジパワー」が追加された。

安全性では、フロンガラス上部のセンサーで前方を監視し、30km/h以下で衝突の危険を感知すると自動でブレーキを作動させる「アクティブ シティ ブレーキ」を新採用。また一部のモデルにリアビューカメラも搭載された。

Peugeot 208|プジョー 208
Peugeot 208|プジョー 208

エンジンラインナップでは、あらたに1.2リッター3気筒ガソリンにターボチャージャーを搭載し最高出力を110psとした「ピュアテック 110 S&S」(S&Sはアイドルストップ機構)が追加された。このエンジンのみ、MTトランスミッションにくわえ、新採用のアイシン製6段AT「EAT6」を組み合わせることが可能だ。そのほか、トップグレード「208 GTi」むけの1.6リッター4気筒の「THPエンジン」と、1.0リッターおよび1.2リッター3気筒自然吸気の「ピュアテック エンジン」もひきつづき設定される。

ディーゼルエンジンでは、1.6リッターの「ブルーHDi」が、出力のちがいで75、100、120
と3種用意される。エントリーレベルの75ps版をのぞき、すべてにS&Sアイドルストップ機構を搭載。また、いずれもCO2排出量95g/km以下という低環境負荷を実現する。

今回のマイナーチェンジにより、208はガソリン、ディーゼルを問わずすべてが欧州の排出ガス規制「ユーロ6」に適合するものとなった。