新世代フェイスの4ドアクーペ「スポーツ コンセプト クーペ」|Volkswagen

新世代フェイスの4ドアクーペ「スポーツ コンセプト クーペ」|Volkswagen

CAR NEWS

Volkswagen Sport Concept Coupe GTE
フォルクスワーゲン スポーツ コンセプト クーペ GTE

新世代フェイスの4ドアクーペ「スポーツ コンセプト クーペ」

フォルクスワーゲンは、開催中のジュネーブモーターショーにおいて、プラグインハイブリッドを搭載した4ドアクーペのコンセプトモデル「スポーツ コンセプト クーペ GTE」を発表した。そのパワートレーンとともに、これまでのフォルクスワーゲンのフロントデザインをかえる、新世代フェイスの披露でもある。

Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)

CCよりもすこし上のポジショニング

スイスで開催中のジュネーブモーターショーにおいて、フォルクスワーゲンはコンセプトモデル「スポーツ コンセプト クーペ GTE」を発表した。4ドアクーペというスタイルに、新世代のフェイスデザインをまとい、プラグインハイブリッドを搭載した、ちかい将来の市販化も見据えたコンセプトカーだ。

スポーツ コンセプト クーペ GTEのボディサイズは、全長4,870×全幅1,865×全高1,407mm。7世代目「ゴルフ」で注目を集めたモジュラープラットフォーム“MQB”を利用しており、前後オーバーハングを切り詰めることでホイールベースを2,841mmまで延長し、高いスペース効率を確保した。

フォルクスワーゲンの4ドアクーペとしては、先代「パサート」ファミリーから派生し独立したネームをあたえられた「CC」が存在する。こちらの現行モデルは全長4,815×全幅1,855×全高1,425mm、ホイールベース2,710mmというサイズ。スペース コンセプト クーペ GTEのほうがわずかに大きく、このサイズ感もふくめて、フォルクスワーゲンでは「CCよりもすこし上のポジショニングのモデル」と説明する。

Volkswagen Sport Concept Coupe GTE|フォルクスワーゲン スポーツ コンセプト クーペ GTE
Volkswagen Sport Concept Coupe GTE|フォルクスワーゲン スポーツ コンセプト クーペ GTE

名前に“GTE”が付くとおり、「ゴルフ GTE」「パサート GTE」とおなじく、プラグイン ハイブリッド機構をそなえる。ガソリンエンジンは、最高出力220kW(299ps)、最大トルク500Nmを発揮する3.0リッターV型6気筒ターボ。これに、センタートンネル内に備わるリチウムイオン バッテリーをパワーソースとして動く2基のモーターがアシストする。

このうち1基のモーターは6段DSGトランスミッションと一体化した出力40kWのもの。もう1基はリアに搭載される出力85kWのモーターで、こちらは必要に応じて後輪を駆動させる。車両自体は四輪駆動とされるが、前後軸はプロペラシャフトで繋がっておらず、前はガソリン+モーターで、後輪はモーターのみで動かすことになり、フォルクスワーゲンはこれを「エレクトリック プロペラシャフト」と呼んでいる。

2基のモーターとV6エンジンをフルパワーで稼働させたときの総合出力は279kW(380ps)に達し、最高速度250km/h、0-100km/h加速は5.0秒という性能を発揮する。いっぽうで、燃費は2.0ℓ/100km(およそ50km/ℓ)で、フル充電であればピュア電気自動車として最長50kmの距離を走行することが可能。ガソリンも併用すると、その航続距離は1,200km以上にもおよぶという。