ロレックス|ROLEX 人気の2モデルがリニューアル

top_EXPLORER_2

2010年腕時計特集|バーゼルワールド

ROLEX|ロレックス

エクスプローラーとサブマリーナーの
ステンレススティール製、人気の2モデルがリニューアル

世界中の愛好家が絶大な信頼を寄せる「ロレックス」。2010年は代表的なモデルである「エクスプローラー」と「サブマリーナー」をリニューアル。実用性を追求する、同社ならではの妥協のない腕時計づくりを今年も披露してくれた。

文=渋谷康人

ロレックスの魅力の神髄は、確固たる見識に基づいた、妥協なき腕時計づくりにある。

機械式ムーブメントの内部パーツやケース、ブレスレットなどの素材や構造、つまり腕時計の精度や耐久性、つけ心地に関連する部分などの改良をつねに行ってきている。その一方で、モデルの基本デザインについては、実績のあるスタイルを守り続けている。

腕時計の実用性と信頼性を何よりも優先する、この真摯なモノ作りの姿勢が、消費者から寄せられる絶大な支持と信頼を生み、ロレックスが全世界でNo.1ブランドであり続ける最大の理由である。

2010年のバーゼルフェアの新作でも、その魅力とモノ作りの姿勢には、みじんの変化もない。

最大の話題は、人気のプロフェッショナルウォッチ「オイスター パーペチュアル エクスプローラー」のリニューアル。基本デザインに変更はないが、ケースサイズのアップやムーブメントの一新など、実のある進化が図られている。

またやはり、「エクスプローラー」同様に人気モデルであり、2008年にゴールド素材モデルからリニューアルを行ってきたダイバーズの「サブマリーナー」にもついに待望の、ステンレススティールモデルが進化し、登場した。

またレディスの「オイスター パーペチュアル デイトジャスト レディ」にも、新技術を導入した華やかなフラワーモチーフやカラフルな文字盤の新作が発表された。今年もロレックスはやはり、徹頭徹尾ロレックスである。

日本ロレックス広報課
Tel. 03-3216-5671

TAG
BRAND
  • bag_collection_2015
  • j&m-davidson
  • tokyoflagship
  • banner_fortune