アストンマーティンのビスポークとレストア部門を訪ねる|Aston Martin

アストンマーティンのビスポークとレストア部門を訪ねる|Aston Martin

CAR FEATURES

Q by Aston Martin & Aston Martin Works
Q バイ アストンマーティン & アストンマーティン ワークス

新車も旧車もオーナーのおもいのままに

アストンマーティンのビスポークとレストア部門、QとWorksを訪ねる

アストンマーティンの「Q by Aston Martin」は、オリジナルを求める顧客のために特別注文に応えてくれるセクションである。そしてすでにアストンを保有しているヒストリックカーオーナーのためのセクション、「Works」がレストアをおこなう。これから購入するにも、長く所有するにも、魅力的なサービスを始めたアストンマーティン。本社工場を小川フミオ氏が訪れ、その詳細をお届けする。

Text by OGAWA Fumio

「Q」でビスポークを“仕立てる”

「Q by Aston Martin」に、クラシックモデルのレストア。名車を生み出してきたアストンマーティンは、多角的にクルマのビジネスを展開している。

アストンマーティンはご存じのように、2015年で創業102周年を迎える英国の伝統的なスポーツカーブランドだが、いま、プロダクションカーを作るいがいにも、興味ぶかいビジネスを展開している。そのひとつが「Q by Aston Martin」。ひとことでいうと、世界でたった1台のアストンマーティンを顧客の注文に応じて仕立てあげるビスポークサービスだ。

Q by Aston Martin & Aston Martin Works|Q バイ アストンマーティン & アストンマーティン ワークス

「Q」のショールームスペース

Q by Aston Martin & Aston Martin Works|Q バイ アストンマーティン & アストンマーティン ワークス

Q by Aston Martin

その様子を、英国はバーミンガムシャーにあるゲイドンの本社で取材した。これは2012年に正式発表されたサービスで、アストンマーティンのホームページにある言葉を借りてそのコンセプトを説明すると、「顧客の個別の要望を、我われの技と専門知識で実現する」こととなる。

「目的は、より個人的なものを求める顧客に対するサービスです」。そう語るのは、QおよびVIPセールス部門を率いるゼネラルマネジャーのマシュー・ベネット氏だ。

このプロジェクトじたい、ベネット氏のブレインチャイルドだったという。

自分だけの車両を欲しがる富裕層を対象に、特別の素材を使った内装や、専用のカラースキームをもつ車体などを手がけるビジネスが求められていると感じたからだそうだ。

「Qではとにかく手間をいとわないで、高い完成度を目指します。品質と仕上げでバリューを生み出していくのです。顧客は自国のアストンマーティンのディーラーか、あるいはここゲイドンを訪ねてきて、クルマを選び、イメージを語ります。それを、デザインチームを含めたわが社の専門チームが、現実のものとしていきます」

Q by Aston Martin & Aston Martin Works|Q バイ アストンマーティン & アストンマーティン ワークス

ゼネラルマネジャーのマシュー・ベネット氏