ジャガー・ルクルト、進化するクラシシズム|Jaeger-LeCoultre

WATCH&JEWELRY FEATURES

Jaeger-LeCoultre|ジャガー・ルクルト

真のマニュファクチュールブランドとして

ジャガー・ルクルト、進化するクラシシズム

時計との出会いは一期一会である。もしあなたが、ジャガー・ルクルトというブランドに今日はじめて出会ったのなら、それはきっと幸運な一日になるになることだろう――。1833年にスイスで誕生し、世界屈指のマニュファクチュールとして現代へ受け継がれた伝統と技術。それはいまなお進化を続け、多くの人々を魅了し続けている。今回は、そんなジャガー・ルクルトを代表するふたつのコレクション、「マスター・コントロール」と「ランデヴー」の新作をご紹介したい。

Text by FUKUTOME Ryouji

高度な技術力とプライドを持つ信頼の腕時計

ラウンドケースの正統派マスターシリーズは、腕時計の伝統を継承し、さらに進化を続けている。端正でエレガントなその造形は腕元に気品をくわえ、そこに内包された圧倒的な機能は、信頼という安心感をもたらしてくれる。ジャガー・ルクルトならでは信頼がそこにはある。

このマスターシリーズは、シンプルで普遍性のある伝統的なラウンドケースであるとともに、ジャガー・ルクルトの技術力の象徴ともいえるコレクションだ。複雑機構を搭載したモデルが多いのもそれを裏付ける特徴だが、ケースの裏蓋に記された“Master Control 1000 hours”の刻印にこそ、このモデルの本質、本当の凄さが表現されている。

これは、公的機関であるスイスクロノメーター検定協会(COSC)の精度テストよりも過酷な、独自の検査テスト「1,000時間コントロールテスト」に合格した証である。つまり精度、耐磁、耐衝撃、防水など、さまざまなテストを1,000時間にわたっておこない、それをクリアしたものだけが商品として店頭に並ぶということだ。それを自社でおこなっているところが、ジャガー・ルクルトの良心であり、高い技術力への矜持なのである。そんなシリーズから、今年も2つのモデルが発表された。

Master Calendar Meteorite|マスター・カレンダー・メテオライト

ケース|18KPG、またはSSケース
直径|39mm
厚さ|10.62mm
ムーブメント|自動巻き、Cal.866
パワーリザーブ|43時間
ストラップ|アリゲーターストラップ
機能|曜日、月、日付、ムーンフェイズ
予定価格(税抜)|262万5,000円(18KPG)、135万円(SS)
発売予定|10月(18KPG)、9月(SS)

Jaeger-LeCoultre|ジャガー・ルクルト

まずは「マスター・カレンダー・メテオライト」。ダイヤルに火星と木星の間にある小惑星帯から飛来し、スウェーデンで採取された“メテオライト=隕石”を使用した美しいモデルだ。メテオライトをプレート状にして模様を際立たせて、腕時計の中に小宇宙があるかのような演出がユニークだ。これによって、ムーンフェイズもより臨場感のあるものとなっている。そして、カレンダーを外周に置き視認性を高めるなど、相変わらず機能性にも十分配慮した作りとなっている。

Jaeger-LeCoultre|ジャガー・ルクルト

Master Control|マスター・コントロール

ケース|SS
直径|39mm
厚さ|8.8mm
ムーブメント|自動巻き、Cal.899
パワーリザーブ|38時間
ストラップ|アリゲーターストラップ
機能|時、分、秒、日付
予定価格(税抜)|71万円
発売予定|8月

もうひとつは、もはやジャガー・ルクルトを代表するシンプルな3針時計「マスター・コントロール」のブラックダイヤルモデルだ。搭載の自動巻きムーブメントは信頼性の高いキャリバー899。薄く繊細に作られた自社製だ。その厚さは3.3mm。これによってケース厚も8.8mmと薄く、装着感の心地よい腕時計となっている。変わらぬスタイルを保ちながら、あたらしいものを取り入れ進化させる。培われてきたジャガー・ルクルトの伝統が、今年もまた普遍性の高いモデルを生み出している。

ジャガー・ルクルト
0120-79-1833
http://www.jaeger-lecoultre.com

カタログをご希望の方は、下記アドレスからお申し込みいただけます。
https://secure.jaeger-lecoultre.com/JP/ja/order-catalog/

*2015年3月9日現在での予定価格です。記事公開後に価格が変更される可能性がございます。