ART FAIR TOKYO 2015|10回目を迎え「アートフェア東京」が今年も華やかに開幕

ART|10回目を迎え「アートフェア東京」が今年も華やかに開幕

ART FAIR TOKYO 2015

ART FAIR TOKYO 2015|アートフェア東京2015
1-DAYパスポートを15組30名にプレゼント!

10回目を迎え「アートフェア東京」が今年も華やかに開幕

10回目を迎えた日本最大のアートの祭典「アートフェア東京」が今年も3月20日(金)に華やかに開幕。3月22日(日)までの3日間、東京国際フォーラムで開催される。OPENERSでは、「アートフェア東京」に入場できる1-DAYパスポートを15組30名にプレゼントする。

Text by YANAKA Tomomi

日本ならではの美術が揃う「ノースウイング」、現代美術中心の「サウスウィング」

多くの人たちにアートとの出合いを橋渡ししてきた「アートフェア東京」が今年で10回目を迎える。今年はメインビジュアルにこれからの東京を俯瞰する“窓”を設けた新デザインが登場するほか、国内外30都市から140以上のギャラリーや企業などが出展。さらに初出展のギャラリーも26登場し、アニバーサリーにふさわしい顔ぶれが揃った。

今回は、会場を「ノースウィング」と「サウスウィング」に分けて構成。ノースウイングには日本を代表するギャラリーから、海外のギャラリーまでおよそ90のブースが並ぶ。日本ならではの独特の技術に裏打ちされた豊かな表現をもつ作品や、美術館クラスの作品も多数出品される予定だ。いっぽう、サウスウィングは主に現代美術を扱うおよそ40のギャラリーが並び、企画を重視した展示を楽しむことができる。

ART FAIR TOKYO 2015│アートフェア東京2015
ART FAIR TOKYO 2015│アートフェア東京2015

そして「アートフェア東京」恒例となった特別企画「アーティスティックプラクティス」が今年も登場。誕生400周年を迎えた琳派をテーマに日本の現代アーティストを紹介する『琳派はポップ/ポップは琳派』を開催する。さらに世界的にもっとも影響力があるといわれている国際美術展ヴェネツィア・ビエンナーレに出展してきた森村泰昌や束芋ら、日本人アーティストの作品から日本の現代アートを俯瞰する『ヴェネツィアがみた日本の現代アート』も開かれる。

このほかにも会場では、建築家安藤忠雄が自身の建築作品を撮り下ろした初の写真作品を、プラチナプリント技法で制作したポートフォリオ集『ANDO×ANDO-Photographs』も株式会社アマナサルトのブースで発表。さらに期間中はさまざまなイベントなどもおこなわれる。

アートを見て、買って楽しむことができる「アートフェア東京」。さまざまなアートが一堂に会す会場で心惹かれる作品との“出会い”を果たしたい。

「アートフェア東京2014」1-DAY パスポートを15組30名にプレゼント!
応募締切|2015年3月13日(金)18時まで

応募の受付は終了しました

ART FAIR TOKYO 2015│アートフェア東京2015

アートフェア東京2015
日程|3月20日(金)11:00~21:00
3月21日(土)11:00~20:00
3月22日(日)10:30~17:00
会場│東京国際フォーラム 地下2階展示ホール
東京都千代田区丸の内3-5-1
入場料|1-DAYパスポート 当日2000円、前売り1500円
3-DAYパスポート 当日3500円、前売り3000円(3月19日まで発売中)

アートフェア東京実行委員会事務局
Tel. 03-5808-1451

665-artfair