インフィニティQ60コンセプト、あきらかになる次世代クーペデザイン|Infiniti

インフィニティQ60コンセプト、あきらかになる次世代クーペ|Infiniti

CAR FEATURES

Infiniti Q60 Concept |インフィニティ Q60 コンセプト

インフィニティとしてスカイラインはエモーショナルに変貌する (2)

覚醒をつづけるインフィニティ

Q60コンセプトのディメンションは全長4,690×全幅1,865×全高1,370mm。この数字からもワイド&ローであることがわかる。乗車定員は2+2の4名で、クーペらしいフォルムが築かれた。ホイールは21インチの専用デザイン。ハイグロスブラッククロームが足下を引き締める。

エンジンは次世代と目される3リッターV型6気筒の直噴式で、そこにツインターボチャージャーが組み込まれる。このユニットはQ80インスピレーションで紹介されたもの。軽量コンパクトながら高効率でハイパワーを期待できる。とはいえ、実現はあと2年くらい待たなくてはならないので、搭載はQ60の市販化後になるとおもわれる。

エンジンの他ではダイレクト アダプティブ ステアリング(ステアリング バイ ワイヤー )など、電子デバイスを含んだ新技術が山ほど搭載される。まぁ、その辺はプレミアムカーとしての装備に抜かりはないだろう。なんたってインフィニティブランドで売られるのだから。

Infiniti Q60 Concept |インフィニティ Q60 コンセプト
Infiniti Q60 Concept |インフィニティ Q60 コンセプト

そう考えると、日本でのスカイラインのポジションはもっと上でもいいのかもしれない。慣れ親しまれたスカイラインという名前で、ともすると大衆的なイメージをもつが、海の向こうでは明らかに格上となる。逆に言えば、日本でスカイラインはお買い得かもしれない。アメリカ人に愛車をたずねられたら「インフィニティ!」と答えられるからだ。

そんなインフィニティブランドはただいま覚醒中。日本、北米、中国で展開している工場を、今年は英国に、2年後にはメキシコにオープンする。その点からもQ60コンセプトは重要なモデルと言える。そして、ライバルたるレクサスが満を持して「RC」をリリースしたことからもわかるように、2ドアクーペはブランドのイメージを牽引する重要なファクターとなる。