EVENT|沖野修也×DJ KAWASAKI 師弟対談!(1) THE ROOM 18周年記念イベント「GAMBLE」開催

EVENT|沖野修也×DJ KAWASAKI 師弟対談!(1) THE ROOM 18周年記念イベント「GAMBLE」開催

LOUNGE

EVENT|THE ROOM 18周年記念

沖野修也(Kyoto Jazz Massive)×DJ KAWASAKI 師弟対談 (1)

DJ沖野修也(Kyoto Jazz Massive)のホーム「THE ROOM」が 今年18周年を迎える。それにともない3月25日(木)、26日(金)、27日(土)の3日間にわたり初のアニバーサリーパーティーが開催される。18年ということで“一か八か”にかけて「GAMBLE」と銘打ったパーティーには、現在のクラブシーンをにぎわす若手から、これまで数かずの伝説的フロアを演出してきた大御所まで、そうそうたるメンバーが顔を揃える。このビッグパーティーを直前にひかえた「THE ROOM」プロデューサー/DJ沖野修也と、ここ「THE ROOM」が生んだスタープレイヤーDJ KAWASAKIのふたりに、互いのホームである「THE ROOM」の軌跡を聞いた。

写真=高田みづほ

それまであったクラブスタイルとはちがうことをやりたいなって思ってました──沖野

──もともとクラブをもちたいという夢があったんですか?

沖野 じつは若いころに京都でクラブの店長をしていたんです。東京に移り住んでからもいろんなクラブに行きましたが、もともと店長でお客さんを呼び込む立場だったので、自分が客になってクラブをわたり歩くのは居心地が悪かった。だから自分のホームグラウンドというか、京都でそうであったように東京でもひとに来てもらえるほうがいいかなと。あわよくばタダ酒も飲めるし、なんて(笑)。

沖野修也
──なるほど(笑)。それはアーティストとして?

沖野 いや、クラブが好きなんですよ。好きな音楽を大音量でかけて、お酒を飲んだり話をしたり。20歳のときに出会ったロンドンのクラブカルチャーに刺激を受けたんですよね。当時、日本にはそういうものがあまりなかったから。

いまはそうでもないですが、昔は東京のクラブってちょっとスタッフが冷たかったり、女の子に話しかけたも「ナンパお断り!」ってシャットアウトされてしまったり(笑)。

でも海外のクラブではスタッフもお客さん同士もすごくフレンドリーで、ひととひととのあいだにある垣根がすごく低かった。そういうものへの憧れが強かったので、僕がクラブを作るならフレンドリーで、それまであったクラブスタイルとはちがうことをやりたいなって思ってました。

──そのためになにか工夫を?

沖野 お客さんが来たら「こんばんは」、帰るときは「おやすみなさい」という挨拶を徹底したことでしょうか。当時は「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」が一般的でしたからね。友達を招き入れる感覚、それはオープンン当初から変わってません。

上京してはじめて来たクラブがTHE ROOMだったんです──KAWASAKI

──KAWASAKIさんはもともとお客さんだったんですよね?

KAWASAKI 上京してはじめて来たクラブがTHE ROOMだったんです。それもたまたまオープンの日に東京に来て、今日ジャズのクラブができるからって知り合いに連れてきてもらったんです。そのとき沖野さんがDJをされていて、スーツでジャズをかけているDJをはじめて見ました。まだ19歳くらいだったかな。もう衝撃を受けて、それからは週5で通ってたんですよ。

沖野 僕より来てた(笑)。

KAWASAKI そのうちDJやスタッフの方々と仲良くなり、THE ROOMで仕事を手伝うようになっていったんです。

──それはDJになりたくて?

KAWASAKI 最初は単純にクラブを楽しむためでした。当時はDJってキャップかぶってレコードこすって、みたいな認識しかなかったんですよね。

沖野 せまいな(笑)。

DJ KAWASAKI

KAWASAKI 最初はそのくらいの興味しかもってなかったんです。でも沖野さんを見て、こんなスタイリッシュな職業なんだって。それでDJになりたいですって話をさせてもらったんです。

──沖野さんに?

KAWASAKI はい。沖野さんがDJされているときを中心に遊びに来ていたので。かけているレコードをブースに行っては聞き、たまにレコード屋に連れて行ってもらうようになり、いろいろ教えてもらうようにもなったんです。DJをはじめたのはTHE ROOMで働きはじめてから4、5年後でした。制作をはじめたのもけっこう遅いので、下積みは長いんですよ(笑)。

ABOUT
OKINO Shuya

クリエイティヴ・ディレクター/DJ/選曲家/執筆家/世界唯一の選曲評論家/Tokyo Crossover/Jazz Festival発起人。開店以来20年で70万人の動員を誇る渋谷The Roomのプロデューサーでもある。KYOTO JAZZ MASSIVE名義でリリースした「ECLIPSE」は、英国国営放送BBCラジオZUBBチャートで3週連続No.1の座を日本人として初めて獲得。これまでDJ/アーティストとして世界35ヶ国140都市に招聘されただけでなく、CNNやBILLBOARDなどでも取り上げられた本当の意味で世界標準をクリアできる数少ない日本人音楽家のひとり。ここ数年は、音楽で空間の価値を変える“サウンド・ブランディング”の第一人者として、映画館、ホテル、銀行、空港、レストランの音楽設計を手がけている。2005年には世界初の選曲ガイドブック『DJ 選曲術』(リットーミュージック)を発表し執筆家としても注目を集める。2011年にフォレスト出版より3冊目となる書籍『フィルター思考で解を導く』を発売。DJが書いたビジネス書として話題となり、Amazonのビジネス書/仕事術のカテゴリーで1位を記録する。同年7月、2枚目となるソロ・アルバム『DESTINY』をリリース。iTunesダンス・チャート1位、総合チャート3位を獲得。現在、InterFM『JAZZ ain’t Jazz』(76.1MHz)にて番組ナビゲーターを担当中(毎週水曜20時~22時放送)。有線放送内D-47チャンネルにて『沖野修也 presents Music in The Room』を監修。2014年1月29日『DESTINY replayed by ROOT SOUL』をリリース。OPENERSでは、旅行記とともにmixcloudでオリジナルのミックスを発信する『Jazzin’ Trip』を連載中。 沖野修也 オフィシャル・ブログ http://ameblo.jp/shuya-okino Kyoto Jazz Massive http://www.kyotojazzmassive.com/