GPSハイブリッドウォッチ「カシオ オシアナス」を海外で検証|CASIO OCEANUS

GPSハイブリッドウォッチ「カシオ オシアナス」を海外で検証|CASIO OCEANUS

WATCH&JEWELRY WATCH NEWS

CASIO OCEANUS|カシオ オシアナス

全世界で正確な時間を逃さない

話題のGPSウオッチ・カシオ オシアナスを海外で検証

最先端テクノロジーを駆使した腕時計ブランドとして、全世界でカシオは絶対的な知名度を誇っている。今回、発売された カシオ オシアナスOCW-G1000は、これまでの世界の限られた標準電波のエリアだけでなく、加えて制約なく全世界の時刻を表示できるという歴史的な機能を搭載した。この機能は、実際に日本にいるだけではわからない。そこで、日本を含めて、東京、ドバイ、ミラノ、ロンドンの4つのエリアで機能を検証した。

Text by KAKIHARA Takayoshi(OPENERS)

 

機内での電子機器の使用制限緩和

平成26年9月1日より、航空機内の電子機器の使用制限が緩和されたのは、ご存知だろうか。例えば、無線式ヘッドフォン、無線式マウス、デジタルカメラ、GPS受信機などの電子機器同士であれば、常時使用可能となった。今後、GPS搭載の腕時計は、常時使用可能となる。(詳細は、こちらの国土交通省のホームページを参照。また世界各国の航空会社がすべて規制緩和をしたわけではありません。航空会社によっては、規制が異なります。搭乗前にそれぞれの航空会社の規定をご確認して機器をご使用ください。)

GPSと電波時計を受信可能なハイブリッド電波ソーラー

オシアナスOCW-G1000の最大の特徴は、GPSを搭載したことも凄い。しかしもっと重要なのは、GPSに加えて、世界6局の標準電波によって時刻を表示できるという点だ。

たとえば、出発地となった東京・羽田では、通常の標準電波を受信しているので、GPSを使用するまでもなく、腕時計は正確な時刻を指し示してくれる。問題は、日本を離れた後の時差だ。

tp5

機内アナウンスを待たなくても、自分でそれぞれの目的地の時差を修正できる。

tp4

外周のブルーの部分がロンドンを規準とするUTC(世界協定時)。その下に国名が記されている。

ヨーロッパでもアフリカでも屋外に出れば、GPS電波受信可能

日本を離れた場合に問題となるのが、時差があるという点。標準電波が届くエリアであれば、問題はない。しかし、時差+現地時間がわからないという場合に、4時位置のプッシュボタンを3秒長押しするだけで、GPSを受信してくれる。

またカシオの技術力が発揮されるのが、時計の内部に世界の地図情報が収録されているという点。経度、緯度による情報と地図情報を照合。いまどこにいるか、時差はどれくらいかを正確に割り出してくれるのだ。しかし、GPSの弱点は、消費電力にある。通常の使用では、まったく問題ないが、使いすぎには、ご注意を。

標準電波対応エリアでも、GPS時計は有効

日本であっても、標準電波が受信しにくいエリアある。たとえば、谷間やビルとビルの間などだ。そういった場合でも屋外であれば、より正確な時間をGPSによって受信することもできる。それは、海外でも同様だ。

tp11

イタリア・ミラノのホテルでGPS電波をチェック。窓際であれば、GPS電波を受信できる場合もある。

次のページでは、実際に海外でのインプレッションをお伝えしよう。