PORSCHE 911GT3 R|メインステージはサーキット

PORSCHE 911GT3 R|メインステージはサーキット

CAR NEWS

PORSCHE 911GT3 R|ポルシェ 911GT3 R

メインステージはサーキット

ポルシェは、英国・バーミンガムで開催されたレーシングカーショー「オートスポーツ・インターナショナル」で911のレーシングバージョン、「911GT3 R」を正式発表した。

文=ジラフ

ハイテク装備を積極的に導入

この「911 GT3 R」は、2009年9月にデビューした911のワンメイクレース仕様「911GT3カップ」の戦闘力をさらに高めたモデルで、エンジンには排気量を200cc拡大した4リッターのフラットシックスを搭載し、最高出力はGT3カップより30ps引き上げられた。またこのエンジンには6速シーケンシャルのドグミッションが組み合わされている。

この「911 GT3 R」と昨シーズンのマシン「GT3カップS」との最大のちがいは、ドライバビリティとハンドリングといわれる。事実、ABS、トラクションコントロール、電子制御スロットルなどのハイテク装備が積極的に導入されている。

サスペンションにはザックスの車高調整式を前後ともに採用し、リアサスペンションはサブフレームに固定されることにより、さらに剛性が高められているという。

価格は27万9000ユーロ(約3645万円)~

外観的にも、前後フェンダーをフレアすることでボディのワイドトレッド化がはかられたこと、LEDテールランプの採用、ディフューザーや角度調整式大型リアウイングの装備など、前モデルからの進化が見られる。

また素材にカーボン/ケプラーなどを取り入れることで車重を1200kgに抑えたことも、このニューモデルの大きな特徴だろう。

この「911 GT3 R」は、FIAの定める国際格式のGT3レギュレーションに準拠していることから、そのままの状態でレースに出場することが可能。生産はポルシェのモータースポーツ部門のバイザッハ開発センターにおいてハンドメイドでおこなわれる。価格は27万9000ユーロ(約3645万円)からだが、2010年モデルはほぼ完売という状態だという。

BRAND HISTORY
ドイツを代表するスポーツカーブランドとして世界中の腕利きから圧倒的な支持を得ているのがPORSCHE(ポルシェ)である。はじまりは1931年。20代の頃から自動車エンジニアとして頭角をあらわした奇才・フェルディナンド・ポルシェは、ダイムラー社の技術部長を経験したあと、ドイツのシュトゥットガルトに「ポルシェ設計事務所」を設立して独立。以後、自動車メーカーからさまざまなクルマの開発を託されることになる。なかでも有名なのが、ドイツの「国民車」としてモータリゼーションに大きく貢献した「フォルクスワーゲン・ビートル」だ。

自動車メーカーとして、自らの名を初めて冠したのは、1948年に登場した「356」であった。それからポルシェは「911」「924」「928」といったスポーツカーを世に送り出すとともに、モータースポーツに力を注ぐ。たとえば、世界でもっとも苛酷なレースといわれるルマン24時間で16回の優勝を手に入れたほか、F1でもエンジンサプライヤーとして3度のシリーズ優勝に貢献するなど、輝かしい戦績を収めたのだった。その技術力と走りへのこだわりがいまなお彼らの製品に息づいているのはいうまでもない。

現在は、デビューから45年が経ったいまでもスポーツカーのトップランナーとして高い評価を得る「911」をはじめ、オープンスポーツの「ボクスター」、ボクスターのクーペ版の「ケイマン」、そして、プレミアムスポーツSUVの「カイエン」と、ラインナップすべてが高い人気を誇る。