森山大道が太宰治の世界にオマージュを捧げる写真展『DAZAI』| AM

AM│森山大道の写真展『DAZAI』

ART TOKYO Tips

AM|エーエム

1970年代から現代にいたるモノクローム作品約50点を展示

森山大道が太宰治の世界にオマージュを捧げる写真展『DAZAI』

写真家の森山大道が太宰治へのオマージュを捧げるため、1970年代から現代にいたるモノクローム作品を展示する写真展『DAZAI』。神宮前のAMで、12月20日(土)から2015年2月23日(月)まで開かれる。

Text by YANAKA Tomomi

写真集の刊行を記念し、サイン会も開催

学校をいとい、ストリートを学び舎としながら映画と小説にのめりこんだ思春期に、太宰治の小説から多大な感応を与えられたという森山大道。1933年から1948年というわずか15年間の期間でありながら、内奥をさらし、多様で魅力的な太宰の生み出す物語は、20世紀の日本文学に強烈なインパクトを残し、海外でもその人気は高い。

そんな太宰へのオマージュとして、森山大道が1970年代から現代までに撮影された自らのモノクローム作品のなかからセレクトした写真集『Daido Moriyama:DAZAI』を刊行。本作は、アートディレクターの町田覚とキュレーター本尾久子、森山の3人がタッグを組み、作品を世界に送り出すプロジェクトの第5弾として企画。森山の時をまたぐモノクローム作品とともに、1947年に発表された太宰の代表作でもある短編『ヴィヨンの妻』の日本語版と英語版も収録されている。

kiji1
kiji2

この出版を記念して開かれる本展では、写真集にも収録された作品を中心に約50点を展示。また会場では1月10日(土)に森山大道によるサイン会も開催されるという。

太宰自身を投影した主人公と、妻をモデルにした“さっちゃん”による女性的な言葉で綴られていく『ヴィヨンの妻』。「太宰の小説は僕が嗅覚や視覚を通して感知し記憶した戦後のイメージとぴたり符合する」と語る森山大道。どのような作品が太宰へのオマージュとして捧げられるのか。日本を代表する写真家と小説家が時を超え共鳴しあう世界に足を踏み入れてみたい。

森山大道写真展『DAZAI』
日程│12月20日(土)~2015年2月23日(月) ※最終日以外の月曜、火曜、12月29日~1月6日は休み。
時間│13:00~19:00
会場│AM
東京都渋谷区神宮前6-33-14 神宮ハイツ301/302
Tel. 03-5778-3913

森山大道作品集『Daido Moriyama:DAZAI』
出版│マッチアンドカンパニーMMM
予価│5400円

森山大道サイン会
日程│1月10日(土)
時間│15:00~16:00
会場│AM