AAF|建築レクチュアシリーズ217 建築家山本理顕氏が語る建築未来像

AAF|建築レクチュアシリーズ217 山本理顕氏の建築未来像

建築のもつ芸術性を探る

AAF通信│建築レクチュアシリーズ217

建築家・山本理顕氏が語る建築の未来像

大阪を拠点に活動をおこなうふたりの建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏がゲスト建築家を招聘し、年に7回開催おこなわれるトークセッション、「建築レクチュアシリーズ217」。今回はゲストスピーカーに建築家・山本理顕氏を迎え12月19日(金)19時からおこなわれる。

Text by KUROMIYA Yuzu

「大きな共同体」という考えのもとに、小さな都市を生み出す

建築家による芸術と社会環境の発展を目指すAAF(NPO法人アートアンドアーキテクトフェスタ)が主催する「建築レクチュアシリーズ217」は、建築家同士の刺激的な交流の場として、学生や若い建築家から大きな支持を集めるトークセッションだ。毎回、芦澤氏と平沼氏という同年齢のふたりの建築家に、ゲストとして招いた著名な建築家をくわえ、建築の可能性と志向性を探っていく。

今回のゲストスピーカーは、建築と社会の関係性を問う「地域社会圏」を提唱している建築家・山本理顕氏。

kiji_01

横須賀美術館(2007)

kiji_02

地域社会圏(2008)

広島市西消防署や福生市庁舎といった国内の公共施設から、海外の大規模な計画まで、国内外でたしかな実績をもつ山本氏は現在、スイスのチューリッヒ国際空港複合施設「THE CIRCLE」の建設を進行中。このプロジェクトは、単なる複合施設ではなく“小さな都市を生み出す”という構想が評価され、コンペティションを勝ち抜いたものだ。

地域社会の可能性を探りつづける建築家・山本氏のものづくりに携わる姿勢とは、どういうものなのか。今回も芦澤竜一氏、平沼孝啓氏の視点を通して、濃厚な語り合いが繰り広げられそうだ。なお、参加は事前申し込み制で380名限定。現在ウェブページより申し込みを受け付け中だ。

建築レクチュアシリーズ217
日程|12月19日(金)
時間│開場18:00/開演19:00 終了20:30
会場|グランフロント 大阪 ナレッジシアター
大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワー 北館4階
Tel. 06-6372-6434
ゲストスピーカー|山本理顕
申し込み│ウェブページより受付(事前申し込み制)
www.217.aaf.ac
定員│380人 ※当日の参加も若干名可能
当日18:00から先着順で整理券を発行
入場料|1000円

特定非営利活動法人(NPO法人)アートアンドアーキテクトフェスタ
217.aaf.ac

kiji_03

山本理顕|YAMAMOTO Riken
1945年生まれ。1971年東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻修了。1973年山本理顕設計工場設立。2007-2011年横浜国立大学大学院教授。代表作は「埼玉県立大学」「公立はこだて未来大学」「横須賀美術館」など。また天津、北京、ソウル、台北でも複合施設、公共建築、集合住宅を手がける。1988、2002年日本建築学会賞作品賞、1998年毎日芸術賞、2000年日本芸術院賞など受賞多数。主な著書に『地域社会圏主義 増補改訂版』(LIXIL出版)『RIKEN YAMAMOTO 山本理顕の建築』(TOTO出版)がある。