MAGIS|マジスが今秋リリースする3脚に注目

MAGIS|マジスが今秋リリースする3脚に注目

DESIGN INTERIOR

MAGIS|マジス

細部にまで宿る独創性と機能性

MAGISが今秋リリースする3脚に注目

各国の人気デザイナーを起用し、最先端の技術を駆使しながらユーザーに寄り添うプロダクトを提案する、イタリアのブランド「MAGIS(マジス)」。東京のデザインウィーク期間中には、人気デザインデュオ・ブルレック兄弟をフィーチャーした「Material and Inspiration」展を開催し、大きな反響を呼んだことは記憶にあたらしい。そんな同ブランドが今秋リリースするアイテムもバラエティ豊か。そのなかから3つの椅子にフォーカスしたい。

Text by WAKABAYASHI Satsuki

常に時代の変化を見つめ、確かな技術力に裏打ちされたプロダクト

MAGIS|マジス2

Tibu|ティーブ
北欧の人気デザイナー、アンテデシェン&ヴォルがデザインしたバースツール。座面から足置きまではひとつの曲線でつながっているような形状で、ガスインジェクションによって座面が上下に昇降するというもの。見た目とは異なり、実際の座り心地はやわらかい印象を受ける。ファブリック製カバー付きも用意している。カラーは8色。
価格|カバーなし 8万1000円、カバー付き 8万7000円(税抜)

MAGIS|マジス3

Tuffy|タフィ
コンスタンチン・グルチッチがマジスで展開している人気シリーズ「The Wild Bunch」に、あらたに仲間入りした1脚。指1本で簡単に回転および昇降する座面と、脚部と座面も繋ぐ機構部と同色の背もたれが特徴。樹脂製の背もたれは圧迫感がないため、視界を遮ることなく空間を広く見せてくれる。木材はビーチ材、背もたれと機構部はポリプロピレンを採用。
価格|5万5000円(税抜)

MAGIS|マジス4

Cyborg wood|サイボーグウッド
人工物と自然物との組み合わせをコンセプトに、“奇才”ことマルセル・ワンダースが手がける「Cyborg」プロジェクトの最新作。座面と脚には硬質な輝きをはなつポリカーボネイトの成型物、背の部分にはアッシュ材の削り出しとビーチ合板を採用。木材部分の美しさは家具職人の手仕事の賜物といえる。背もたれは2種、カラーはそれぞれ2色。
価格|STICK 6万9000円、 PLY 8万円(税抜)

Tibu、Tuffy、Cyborg woodは北青山のショールームで手にとることができる。その美しさと機能性にぜひ触れてみては。

MAGIS 東京ショールーム
住所|東京都港区北青山1-2-3 青山ビル1F
Tel. 03-3405-6050
www.magisjapan.com