谷尻 誠|「THINK_47」ゲストは小説家・映画プロデューサーの川村元気さん

谷尻 誠|「THINK_47」ゲストは小説家・映画プロデューサーの川村元気さん

Another Architecture

“ヒットの秘訣は、自分の心が知っている”という心をのぞき見たい

小説家・映画プロデューサーの川村元気さんを迎えて「THINK_47」開催

さまざまなジャンルの第一線で活躍する著名人を迎えるトークプロジェクト「THINK」。47回目のTHINKは、小説家・映画プロデューサーの川村元気さんをお迎えします。

谷尻 誠 OPENERS BLOG更新中!

Text by TANIJIRI Makoto(suppose design office)

最新作『寄生獣』は11月29日(土)に公開

川村元気さんといえば、26歳で手がけた映画『電車男』が、興行収入37億円の大ヒット! その後も『告白』『悪人』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』など、ここでは紹介しきれないほどのヒット作を生み出してきた川村元気さん。ヒット映画を調べてみると“この映画も川村元気さん?!”と思う方も多いのではないでしょうか。最新作『寄生獣』も11月29日(土)に公開となります。

そして最近では、小説家としての活動にも力を入れておられ、大変注目を集めています。初の小説『世界から猫が消えたなら』は本屋大賞にノミネートされ70万部突破の大ベストセラーになり、佐藤 健、宮崎あおいをキャストに迎えての映画化が決定しています。そして絵本『ティニー ふうせんいぬのものがたり』(佐野研二郎と共著)はNHKでアニメ化され現在絶賛放送中です。

本年は、宮崎駿、坂本龍一など12人の巨匠との仕事の対話集『仕事。』、BRUTUS誌に連載されたお金と幸せを問う小説第二作『億男』を発表し、いずれもベストセラーとなっています。

映画の企画・プロデューサーに留まらず、さまざまな活躍をされる川村元気さん。“ヒットの秘訣は、自分の心が知っている”というその心が、のぞき見えるひとときをどうぞTHINKの会場でお楽しみください。皆さまのお越しを心よりお待ちしています。

谷尻 誠|THINK 02

THINK_47
日時|11月21日(金)
開場19:00~/開演19:30~21:30、アフターパーティ21:30~22:30
会場|広島県広島市中区舟入本町15-1
サポーズデザインオフィス 3階
費用|1000円(予約不要)
※先着座席100席、以降は立ち見
※トーク終了後、21:30~はアフターパーティを開催。ゲストの川村元気さんを交えてのちょっとした懇親会を予定

Tel. 082-961-3000
E-mail|think@suppose.jp

※これまでのTHINKはこちらから

http://www.facebook.com/SupposeDesignOffice

http://www.facebook.com/tanijirimakoto

川村元気|KAWAMURA Genki
作家・映画プロデューサー。1979年、横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業後、東宝にて『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』『寄生獣』などの映画を製作。2010年、米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌2011年には優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。2012年には、ルイ・ヴィトン・プレゼンツのCGムービー『LOUIS VUITTON -BEYOND-』のクリエイティブ・ディレクターを務める。同年に初小説『世界から猫が消えたなら』を発表。同書は本屋大賞へのノミネートを受け、70万部突破の大ベストセラーとなり、佐藤 健、宮崎あおい出演での映画化が決定した。2013年にはアートディレクター佐野研二郎と共著の絵本『ティニー ふうせんいぬのものがたり』を発表し、同作はNHKでのアニメ化が決定している。その他の著書として、イラストレーター益子悠紀と共著の絵本『ムーム』、山田洋次・沢木耕太郎・杉本博司・倉本 聰・秋元 康・宮崎 駿・糸井重里・篠山紀信・谷川俊太郎・鈴木敏夫・横尾忠則・坂本龍一ら12人との仕事の対話集『仕事。』、BRUTUS誌に連載された小説第二作『億男』がある。

ABOUT
TANIJIRI Makoto

建築家 Suppose design office 代表 1974年 広島生まれ 2000年 建築設計事務所Suppose design office 設立 住宅、商業空間、会場構成、ランドスケープ、プロダクト、アートの …