F1はつまらない、をピレリが変える|PIRELLI

F1はつまらない、をピレリが変える|PIRELLI

CAR FEATURES

2014 FIA Formula One World Championship

F1はつまらない、をピレリが変える

イタリアのタイヤメーカー「ピレリ」が、F1にタイヤ供給をはじめた2011年から今年で4年目を迎えた。今シーズンは大幅なレギュレーション改定がおこなわれ、パワーユニットはターボとERS(エネルギー回生システム)を組み合わせたものへと変更。各チームがクルマとタイヤのマッチングに例年以上に注視するなかで、ピレリとフェラーリは2014年をどう闘ったのか。その舞台裏に迫った。

Text by YONEYA MineokiPhotographs by SAKURAI Atsuo

“攻めた”タイヤをF1の世界に持ち込んだピレリ

F1の世界には、“クリフ”という言葉がある。

直訳すれば崖。まさしく崖を下るようにある瞬間から急激にタイヤのグリップが落ちることを指して、F1界の人々はピレリタイヤのことをそう言うのだ。世界中の市場で高性能かつ安全なタイヤを売らねばならないタイヤメーカーにとってそれは、決して歓迎すべきことではないかもしれない。しかしピレリのエンジニアたちはむしろ、その評判を誇らしげに受け止めている。なぜなら、それこそが彼らの狙い通りだからだ。

中国GPでフェルナンド・アロンソが今季初の表彰台に立った裏で、フェラーリのタイヤ戦略を担う浜島裕英エンジニアは冷や汗を掻いていた。

「これを見てください、もうほとんどゲージが残っていない。トレッドの真ん中なんて、もうないでしょ? クリフになる完全摩耗に限りなく近いところまでいってたんですよ」

走行を終えてピットガレージ裏に並べられた何本ものタイヤを見ながら、浜島は言った。ピレリの“クリフ”は、トレッド表面のゴムが完全に摩耗してなくなることで起きる。グリップを生むためのゴムがなくなるのだから、1周で何秒も遅くなるのは当然のことなのだ。

327_02_pirelli_ferrari_f1_2014

フェラーリのタイヤ戦略を担う浜島裕英エンジニア

327_05_pirelli_ferrari_f1_2014

ドライバーはタイヤの状態を感じ取りながら、ゴムを使い切らないようにマシンを操らなければならない。タイヤエンジニアは、フリー走行などで蓄積したデータを元にタイヤの最適な扱い方をアドバイスする。そうやって今のF1は成り立っている。それを上手くやることで、小が大を喰う展開も起こりうるというわけだ。

「タイヤによって波乱が生まれ、バトルが生まれ、F1が面白くなる。それこそが我々の狙いなんだ」

ピレリのモータースポーツダイレクター、ポール・ヘンベリーは語る。

「300km保つタイヤを作ることは簡単だ。しかし、それではバトルのない淡々としたレースになるだけだ。だがタイヤの性能変化が大きければ、その過程でさまざまなドラマが起きる」

彼らはタイヤメーカーとしては賭けとも言える、かなり“攻めた”タイヤをF1の世界に持ち込んでいるのだ。しかし、ともすればレースの中で軽視されがちなタイヤにこれだけの注目が集まり、ピレリが存在感を示すのもそのためだ。そしてピレリのタイヤは“クリフ”のみならず、走るうちに刻々とグリップレベルが低下していくようにデザインされている。