新型カイエンにも特別なグレード名「GTS」が復活|Porsche

新型カイエンにも特別なグレード名「GTS」が復活|Porsche

CAR NEWS

Porsche Cayenne GTS|ポルシェ カイエン GTS
Porsche Cayenne|ポルシェ カイエン

新型カイエンにも特別なグレード名「GTS」が復活

ポルシェ ジャパンは、SUVモデル「カイエン」に440psを発生させる3.6リッターV6エンジンを搭載した「GTS」を追加し、11月8日(土)より予約受注を開始する。GTSという特別なグレード名が与えられたカイエンは、先代のタイプ957にも追加設定されていたが、前代の4.8リッターV8ユニットにたいして、現行モデルではダウンサイジングされたV6エンジンを搭載。大幅に排気量を縮小してはいるものの、出力は20psも向上させている。

Text by SAKURAI Kenichi

出揃った新型カイエンのラインナップ

日本でも予約を開始した「カイエン GTS」は、ベースグレードとなる「カイエン」とともに、来る11月21日より開幕するLAモーターショーでワールドプレミアされるニューモデルだ。カイエン GTSは、4.8リッターのV8ツインターボエンジンを搭載するフラッグシップ「カイエン ターボ」に次ぐハイパフォーマンスモデルとなり、V6エンジン搭載車中トップのパフォーマンスをもつ。いっぽうの「カイエン」は、3.6リッターのV6NAエンジンを搭載するこれまで同様にベースモデルというポジションである。

両モデルとも、今年7月ひとあし先に発表された「カイエン S」、「カイエン S E-ハイブリッド」、そして「カイエン ターボ」につづくモデルとして登場。これでマイナーチェンジを受けたあたらしいカイエンのモデルラインアップは完成したことになる。

Porsche Cayenne GTS|ポルシェ カイエン GTS
Porsche Cayenne GTS|ポルシェ カイエン GTS

今回マイナーチェンジを受けたカイエンに追加される「GTS」は、ネーミングのルーツを1963年にデビューした「904 カレラGTS」にまでさかのぼらせる。904 GTSは、おもに耐久レースに勝利するために開発されたミッドシップ レーシングカーで、ホモロゲーション取得のために120台が生産された。果たして1964年のデビューいらい、セブリング12時間やル・マン24時間レースなど、世界の名だたる耐久レースで勝利の美酒をバイザッハのスタッフに味わわせてきた。

この伝統ともいえるGTSのネーミングは、2007年にタイプ957の2代目カイエンで復活。ポルシェは約半世紀ぶりにGTSの3文字を甦らせたのだ。その後GTSのグレード名は、スポーティで特別なものとして「パナメーラ」や「ボクスター」、「ケイマン」、そしてもちろん「911」にも使用され、ファンのハートを鷲づかみにしてきた。