サーキット専用モデル、マクラーレンP1GTR日本公開|McLaren

サーキット専用モデル、マクラーレンP1GTR日本公開|McLaren

CAR NEWS

McLaren P1 GTR|マクラーレン P1 GTR

サーキット専用モデル

マクラーレンP1 GTR日本初公開

ペブルビーチ コンクール デレガンスにおいて発表された、マクラーレン「P1」のサーキット専用モデル「P1 GTR」が日本でも公開された。

Text & Event Photographs by UCHIDA Shunichi

P1オーナーしか買えないサーキット専用モデルは約3億5,000万円

昨年のジュネーブモーターショーワールドプレミアを果たし、2013年9月から生産が開始された「P1」は、発売後約半年で375台すべてがソールドアウト。現在までに150台の納車が完了しているという。

そのオーナーたちからの、サーキットを走れるクルマが欲しいという強い要望にこたえるかたちで開発された「P1 GTR」がデビューした。購入条件は現在P1を保有していることで、価格は1.98ミリオンポンド。日本円に換算して3億4,000~5,000万円。30-35台の販売を想定している。最後のP1がラインオフした後に、つづけてP1 GTRの生産がはじまり、納車は2015年9月ごろからの予定だ。

McLaren P1 GTR|マクラーレン P1 GTR
McLaren P1 GTR|マクラーレン P1 GTR

マクラーレン P1 プログラム ディレクター兼マクラーレン スペシャル オペレーションズ エグゼクティブ ディレクターのポール・マッケンジー氏によると、P1と比較し、重量は約100kg軽量化され、パワーはエンジンサイドで800ps、モーターサイドで200psの合計1000ps(P1は916ps)に達するという。

ボディパネルは空力および冷却性能向上のため、ほぼすべてP1から変更された。また、軽量化のため肉厚を薄くしている。インテリアはF1仕様のステアリングホイールが装着されるほか、テレメトリーが装備され、走行データーをチェック、確認することが可能だ。