プラグインハイブリッドのアウディA3 e-tronを試す|Audi

プラグインハイブリッドのアウディA3 e-tronを試す|Audi

CAR FEATURES

Audi A3 Sportback e-tron|アウディ A3 スポーツバック eトロン

PHEVでアウディは何を目指したのか

プラグインハイブリッドのアウディA3 e-tronを試す

フォルクスワーゲン グループに属するアウディは、持続可能なモビリティ社会にむけて、クルマの電動化を促進している。そのひとつとして登場したのが、5ドアハッチバクモデル「A3スポーツバック」にプラグインハイブリッドを搭載した「A3スポーツバック e-tron」だ。ドイツで開催された試乗会におもむいた大谷達也氏は、アウディA3が、EVやハイブリッドも織り込んで開発されたモジュラー プラットフォーム“MQB”を利用しているがゆえに、容易に仕上げられたものと思い込んでいたが、実際には確かな目標に向けて細心のエンジニアリングがほどこされていた。

Text by OTANI Tatsuya

説明に集まってくるエンジニアたち

プレゼンテーション会場に置いてあった「A3 e-tron」のカットモデルをひとり眺めていると、いつの間にかアウディのエンジニアが数人集まってきて、即席のディスカッションが始まった。

私の関心は主にそのパワートレイン。2年前に発売されたアウディ初のハイブリッドモデル「A6ハイブリッド」がエンジンを縦置きしていたのに対し、A3 e-tronは横置きになるとはいえ、エンジン→モーター→ギアボックス→駆動輪というパワーの流れはA6ハイブリッドもA3 e-tronもおなじ。目立ったちがいといえば、プラグイン ハイブリッドのA3 e-tronが50kmのEV走行を可能にする容量8.8kWh(A6 ハイブリッドは1.3kWh)のリチウムイオンバッテリーを積んでいることと、外部充電に必要となる充電装置を車載していることの2点くらいのように思える。

Audi A3 Sportback e-tron|アウディ A3 スポーツバック eトロン
Audi A3 Sportback e-tron|アウディ A3 スポーツバック eトロン

もうひとつ、こんなふうに見て取ることもできる。「A3 e-tronは現行のA3 1.4 TFSIにバッテリーとモーターを追加しただけ。テクノロジー的に目新しいものはない」ひょっとすると、私の心の奥底に潜んでいたそんな気持ちを彼らに見透かされたのかもしれない。はからずも議論が白熱したのは、それが理由だったと考えると納得がいく。

たとえば、ギアボックスの6段Sトロニック。アウディは、デュアルクラッチ式ギアボックスを初めて量産車に採用した自動車メーカーで、いまや大半のモデルにSトロニックを用意している。だから、A3 e-tronに採用されているのも、その流用だと思ったのだ。

「いえいえ、このSトロニックは新開発です」パワートレイン担当のエンジニアが、私をそうたしなめた。「A3 e-tronではエンジン、モーター、ギアボックスを一直線に並べています。これらを前輪のあいだに収めるには、ギアボックスを小型化する必要がありました。そこで、ハイブリッドモデルのためにこの6段Sトロニックを新開発することにしたのです」

現在、7段が主流となっているSトロニックを敢えて6段としたのは小型化に必要だったから。ただし、電気モーターの力でエンジンを補えるハイブリッドモデルでは6段でじゅうぶんなパフォーマンスが得られることなどを、おなじエンジニアは説明してくれた。