ジュネーブに自社工房完成|LOUIS VUITTON

ジュネーブに自社工房完成|LOUIS VUITTON

WATCH&JEWELRY WATCH NEWS

LOUIS VUITTON|ルイ・ヴィトン

時の工房と名付けられたアトリエが完成

ルイ・ヴィトンのルーツは「旅」にあり、「旅」と「時」は切っても切れない縁がある。2002年から「タンブール」をはじめとする数々の美しいタイムピースを送り出してきたルイ・ヴィトン。そのルイ・ヴィトンが2014年、スイスのジュネーブに新しく製造拠点を完成させた。新工房「ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン」をご紹介しよう。

Text by KAWADA Akinori

おとなの旅を愉しむためのパートナー

ルイ・ヴィトンは1854年に創業し、キャンバス製の軽量で丈夫な旅行用トランクによって、旅する富裕層に好評を博し、それをきっかけとなって、世界中でその名を知らないものはいないほどのラグジュアリーブランドへと成長した。

「旅」はそれ以降、ルイ・ヴィトンにとって大きなテーマである。正確な時計を刻む時計は、旅に不可欠なツールであり、2002年にルイ・ヴィトンが「時間」という新たな領域に乗り出したのも必然的な成り行きだったといえるだろう。

その年に誕生した「タンブール」を皮切りに、ルイ・ヴィトンはウォッチメイキングの世界で、着実に存在感を増している。シンプルなモデルもちろん、GMT、クロノグラフ、トゥールビヨン、ミニッツ・リピーターといった古典的な複雑機構から、スピン・タイムやツインタイム クロノグラフといった独自のメカニズムまで高次元の時計を生み出すルイ・ヴィトンの工房は、現在は、スイスに置かれている。その名は「ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン」(以下、LFTLV)。ルイ・ヴィトンの“時の工房”という意味である。新工房は、ルイ・ヴィトンのウォッチメイキング技術の集大成であり、卓越したサヴォアフェール(匠の技)を体現している。ジュネーブにアトリエを構えることで、最高のスペシャリストたちが集い、クリエイティブな自主性が促され、伝統に携わる職人から先端技術に通じた有能な人材まで、さまざまな人々が一体となってイノベーションを推進している。

ウォッチメーカーとして独立した精神と一流メゾンのエネルギーが融合し、ハイテクと歴史に根ざした時計作りが渾然一体となっている。

LOUIS VUITTON|ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン
LOUIS VUITTON|ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン

LFTLVは、およそ4,000平方mの広大な空間を擁しており、陽光があふれる快適なアトリエ環境を実現している。

熟練した時計職人、技師、デザイナーなど「時間」に関わるエキスパートたちがクリエイティブなエネルギーを共有し、伝統的な感性を大切にしつつ、人間の手によって最高の逸品を作り上げている。

熟練した時計職人たちは、絶えずイノベーションを追求しながら、自由にクリエイティブなアイデアを巡らせる。そうした活動が、最終的には「旅」に関連する新しいコンプリケーションウォッチへと結実していく。

伝統的な巧みの技、繊細な手仕事が、時計の機能性、見やすさ、使いやすさを向上させ、新しい文字盤のデザイン、クオリティの高い革新的なモデルの開発、美的な外観の追求へとつながっていく。

LOUIS VUITTON|ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン

工房は、およそ4,000平方mの広大な空間

LOUIS VUITTON|ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン

伝統的な巧みの技術が映える。

LOUIS VUITTON|ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン

複雑なメカをていねいに仕上げる。