パリ モーターショーの現場から 最終回|Mondial de l’Automobile 2014

パリ モーターショーの現場から 最終回|Mondial de l’Automobile 2014

CAR NEWS

Mondial de l’Automobile 2014

パリ モーターショーの現場から 最終回

10月4日から開催されたフランス最大の自動車ショー「パリ モーターショー2014」も、19日をもってついに幕を閉じた。これまで4回に分けて現場レポートをお送りしてきたが、最終回となる今回は、パリで垣間見えた“自動車の未来”をさぐってみたい。モータージャーナリストの小川フミオ氏によるレポート。

Text by OGAWA Fumio

パリ モーターショーの現場から Vol.1
パリ モーターショーの現場から Vol.2
パリ モーターショーの現場から Vol.3
パリ モーターショーの現場から Vol.4

欧州自動車メーカーの光と影

2014年パリ自動車ショーのリポート第5回は、楽しさに溢れた雰囲気の会場で、見え隠れした欧州自動車メーカーの光と影について。

パリの自動車ショーは、一連のリポートで触れてきたように、フランスやイタリアといったメーカーが力の入った展示をして、楽しい雰囲気を演出してくれていた。コストはかかっているが、重厚すぎる雰囲気のドイツメーカーのブースなどと対照的だった。

ルノーは、天井からつり下げた無数の球形ランプが、クラゲよろしくゆるやかな上下動を繰り返すという幻想的な演出で、ブースを訪れるひとを楽しませてくれた。メルセデス・ベンツと共同開発した「トゥインゴ」をずらりと並べて、内外装のカラリングで多様性を強調したのも特徴的だ。

クルマ楽しさを表現したルノーのブース

327_45_paris_salon_de_lauto_ogawa_5

遊び心満点のフィアット500

シトロエンは、別ブランドとして独立させた「DS」のブースをモダンなギャラリーのように仕立てた。フランス的なエレガンスと、ファッションの都を連想させるクリエイティビティを強調。2014年初頭に発表したコンパクトハッチバック、「C1」に力を入れている印象が強かった。

フィアットも、ベストセラーコンパクト、「500」を使って、いわばファン・トゥ・ドライブに重点を置く。車体を迷彩柄やジーンズ柄にペイントした特別仕様の500や、アート作品のようなカラリングにした500で、観客の興味を惹きつけていた。おなじグループに属するフェラーリ、マセラティ、アバルト、ランチア、それにジープでも、どこでも共通していたのは、クルマを持つ楽しさへの訴求である。