5ドアとなったミニに試乗|MINI

5ドアとなったミニに試乗|MINI

CAR IMPRESSIONS

MINI 5 door|ミニ 5ドア

5ドアのミニに試乗

第3世代となったMINIに、第2のボディバリエーションとして登場したのは、ホイールベースを伸長してリアドアをそなえた5ドアモデル。日本でもつい先日予約が開始されたばかりのこの「MINI 5ドア」に、九島辰也氏がミニの故郷ともいえるオックスフォードで試乗した。余裕ある後席空間を得た5ドアモデル、その“MINIらしさ”はどうなのか。

Text by KUSHIMA Tatsuya

違和感なく受け入れられる

今年のジュネーブショーで、ミニはちょっと変わったコンセプトカーを出していたのをご存知だろうか。その名は「クラブマン コンセプト」。誰もが次期クラブマンと思ったソレだ。

だが現実にはちがった。目の前に現れたのは「MINI 5ドア」。ハッチバックをストレッチしリアドアとじゅうぶんな居住スペースを確保したパッセンジャーカーである。

そのディメンションはホイールベースをハッチバックより72mm広げたもの。全長は3,982mm(クーパーSとクーパーSD5ドアは4,005mm)、全幅は1,727mm、全高は1,425mmとなる。頭上も15mm広げた。

MINI 5 door|ミニ 5ドア 07
MINI 5 door|ミニ 5ドア 11

そんな“新種”に、ミニの本拠地オックスフォード郊外で乗った。世界中からメディアを集めた国際試乗会である。果たしてストレッチされたボディはどうなのか、気になるところである。

まず展示された5ドアを目視して、アレっと思った。意外に違和感なくスッと受け入れられたからだ。確かにすでにクラブマンがあるのだから当然と言えば当然。ストレッチされたボディになじみはある。だが、しばらく眺めていると角度によってはそうでもない気がしてきた。リアのメッキ加工されたドアノブが目立って少々違和感を得る。見慣れるとそうでもないのだろうが、このキラキラが気になるのも確かだ──

そんなリアのドアノブを握って中へ入る。広い。72mmそのままリアシートの足下を広げたとあって、窮屈なところはない。フロントシートのバックレスト裏側がえぐれているのも好都合。膝がシートに当たることはなかった。