ゴルフ オールトラックがパリで登場|Volkswagen

ゴルフ オールトラックがパリで登場|Volkswagen

CAR NEWS

Volkswagen Golf Alltrack|フォルクスワーゲン ゴルフ オールトラック

ゴルフ オールトラックがパリで登場

フォルクスワーゲンは現在開催中のパリ モータショーで、「ゴルフ」にあらたなグレードを追加。2012年に登場した「パサート オールトラック」のゴルフ版とも言うべき、「ゴルフ オールトラック」の発表をおこなった。

Text by TAKEDA Hiromi

SUVにも匹敵するオフロード走破性

近年、ラインナップ拡大を驚くべき勢いで図っているフォルクスワーゲンは、「ゴルフ 7」の登場からわずか24ヶ月の間に発表された12番目のバリエーションとして、「ゴルフ オールトラック」を開発。現在開催中のパリサロンにおいて、ワールドプレミアに供することになった。

ゴルフ オールトラックは、2012年に登場した「パサート オールトラック」のゴルフ版とも言うべきモデル。さらに言えば、姉妹ブランドであるアウディが1999年に二代目アウディ「A6 アヴァント」をベースに製作・発売した「オールロードクワトロ」以来の枠組みを、フォルクスワーゲンにも導入したモデルと考えられるだろう。

Volkswagen Golf Alltrack|フォルクスワーゲン ゴルフ オールトラック 2
Volkswagen Golf Alltrack|フォルクスワーゲン ゴルフ オールトラック 3

現行ゴルフ 7のエステートワゴン版に相当する「ゴルフ ヴァリアント」をベースに、最大で20mm高い最低地上高、「オフロード」ドライビングプロファイルとフルタイム4WDシステム「4MOTION」との組み合わせを与えた結果、SUVにも匹敵するオフロード走破性を獲得したという。

このモデルの「オフロード」ドライビングプロファイルは、ヒルディセント機能(下り坂で自動的に制動をかける機能)を作動させるとともに、スロットル特性を変更し、さらにABS もオフロードセットアップに切り替えられるとの由。また、秀逸なオフロード特性を発揮すると同時に、高レベルのアクティブセーフティを提供するとされている。