ルノー、リッター100kmの小型PHVを発表|Renault

ルノー、リッター100kmの小型PHVを発表|Renault

CAR NEWS

Renault EOLAB Concept|ルノー イオラブ コンセプト

リッター100kmの小型プラグインハイブリッドをパリで発表

ルノーは、パリモーターショーにおいて小型のプラグインハイブリッドカー「イオラブ コンセプト」を発表した。量産時のことまで見据えた、現実味の強い一台だ。

Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)

空力、軽量化、ハイブリッドで実現した低燃費

ルノーがパリモーターショーにて発表したのは、小型ハイブリッドカー「イオラブ コンセプト」。最新テクノロジーを満載したコンセプトでありながらも、生産時のコストを想定した、リアリティのあるモデルとなっている。

イオラブ コンセプトは、ガソリン1リットルで100kmを走行できる“リッターカー”を目指してつくられ、実際にその燃費はおよそ1ℓ/100km、CO2排出量22g/kmを達成している。

そのために、おなじセグメントにある「クリオ(日本名ルーテシア)」とくらべて、30パーセントもの空力性能の向上、400kgに達する車両の軽量化、そして「Z.E.ハイブリッド テクノロジー」と名付けられたコンパクトなハイブリッドエンジンの採用がおこなわれた。

Renault EOLAB Concept|ルノー イオラブ コンセプト
Renault EOLAB Concept|ルノー イオラブ コンセプト

革新的な技術で実現する高いエアロダイナミクス性能

フロントバンパーにそなわるアクティブスポイラーは、速度が70km/h以上になると車両周辺の空気の流れを抑制するために10cm下がる機構をもっている。また、リアバンパーには、40×10cmのエアロダイナミクスフラップがそなわる。こちらも70km/h以上になると6cm伸び、高速度において車体側面の気流がボディから早く剥離してしまう傾向を抑制する。

空気抵抗を小さくするために、ホイールも表面をフラットに仕上げた方が燃費には有利になる。しかしながらデザイン、そしてブレーキの冷却という面から考えると完全に覆ってしまうのは難しい。ルノーではその解として、ホイールに温度センサーを設置し、ブレーキの冷却が必要になるとカバーをずらして、外気を取り込むというアクティブホイールを開発した。

タイヤもミシュランと共同開発した、幅145mmの専用品をもちいる。デザイン面でも工夫がほどこされ、トレッドパターン(接地面)は横の拡がりを強調し、サイドウォールには軽やかさが表現されている。ルノーはホイールのベアリングも改善をほどこし、これだけでもCO2排出量が1g/km減じているという。