丸若屋|「ポップアップオフィス in 徳島県那賀町」を開設

丸若屋|「ポップアップオフィス in 徳島県那賀町」を開設

DESIGN FEATURES

デザイナーズウィーク期間中、東京・青山に“四国の美しいもの”がやって来る

丸若屋、「ポップアップオフィス in 徳島県那賀町」を開設(1)

過疎化が進み限界集落のひとつにも数えられる徳島県那賀町に、「ポップアップオフィス」を8日間限定で開設した丸若屋。その試みの先には、働き方のあらたなあり方と、今季のデザイナーズウィークにつながるあらたな取り組みが待ち受けていた。

11月2日(日)、3日(月・祝)に開催されるNAKANIWAポップアップショップ「職人の中庭 ‒ARTISANS-」の詳細はこちら

Text by TAN Miho(OPENERS)

個人プレーで成り立つ仕事のスタイルには“感覚の共有”が不足していた

もはや開催されていない日はないと言っても過言ではないほど、私たちの日常に浸透しつつある「ポップアップストア」。その考えを転用させた「オフィス」を開設したとの知らせが編集部に届いた。

このあらたな試みをおこなったのは、東京・青山にオフィスを構える株式会社丸若屋。日仏を拠点に、伝統工芸から最先端工業に至る幅広い分野での最高峰の技術と革新的な取り組みをおこない、「21世紀を生きる人々の生活に驚きと喜びを提供」する企業である。本年はパリ・サンジェルマンにて、美しき日本の品々を展示販売する『NAKANIWA』をオープン。今秋には2016年に創業400年を迎える有田焼の海外プロジェクトも始動する。

「ポップアップオフィスにチャレンジしようと思ったのは、もともとは社員の五感をチューニングしたかったからなんです」とは代表の丸若裕俊氏。

もはやPCとネットワークさえ整えばどこにいても働けるようになった今の時代。会社という場所に限定されず外で仕事を進める読者も多数いるかと思うが、社員それぞれが異なるプロジェクトを抱える丸若屋もそれは同様で、たとえば丸若氏は月の半分以上が東京から離れた場所での仕事だという。

そんな、各人が各プロジェクトに特化しているのと同時に丸若屋というひとつの有機体を構成する現代らしい働き方のなか、ひとつの課題があった。

「社員の間で言語のニュアンスがうまく共有されていないように感じることがあるんです。」と丸若氏は話す。言語だけの共有では限界があった。実際に同じものを見て、同じ匂いを嗅ぎ、同じ体験をした上でないと、共有されないものが確かにあった。

丸若屋|「ポップアップオフィス in 徳島県那賀町」2

そして向かったのは、徳島県那賀町。誰もがあらゆる場所で働けることを逆手に取るようにして、社員全員で、かつまるっきりいつもとは異なる場所へオフィスを“移転”。1週間という期限付きの瞬発力にも期待して。

丸若屋の「ポップアップオフィス in 徳島県那賀町」の誕生だ。

ABOUT
MARUWAKA Hirotoshi

1979年生まれ。東京都出身。日本の現代文化をしつらえる 「株式会社丸若屋」代表。普遍的な”美しさ”と今という”瞬間”を、モノとコトに落とし込む事で現代に則した価値を導き出す。伝統工芸から、「北嶋絞製作所」を始めとする最先端工業との取り組みまで、日本最高峰との”モノづくり”を行う。「九谷焼花詰 髑髏お菓子壷」(金沢21世紀美術館所蔵)、「上出長右衛門窯×JAIMEHAYON」(ミラノサローネ出品)、「PUMA AROUND THE BENTO BOX」を主導。 http://www.maru-waka.com hhttp://www.facebook.com/maruwakaya http://www.cultivatemeisters.com