Flower Robotics|成長する家庭用ロボット「パタン」を開発

Flower Robotics|成長する家庭用ロボット「パタン」を開発

DESIGN PRODUCT

Flower Robotics|フラワー・ロボティクス

オープンソースでインターフェイスを開発、家庭用ロボット普及促進へ

フラワー・ロボティクス、成長する家庭用ロボット「パタン」を開発

フラワー・ロボティクスは、機能拡張型家庭用ロボット「Patin(パタン)」の開発に着手。自走式ロボット・プラットフォームの提供により、家電やインテリアなど既存分野のロボット開発参入のハードルを下げ、家庭用ロボット普及の促進を目指す。

Text by KUROMIYA Yuzu

既存プロダクトにAIロボットの概念をプラス

フランス語で「スケート」を意味する「パタン」。「家電や家具といった既存プロダクトにロボット化したスケート靴を履かせたら、新たな人工物が生まれるのではないか?」という発想を具現化した、AI(人工知能)と移動機能を持ったロボット・プラットフォームだ。既存のイメージを覆す、スムーズな動きを実現するものとなる。

Flower Robotics|フラワー・ロボティクス 2

Flower Robotics|フラワー・ロボティクス 3

「既存機能の自律移動化」をコンセプトに掲げ、本体と本体上部に装着するサービス・ユニット、充電・通信ユニットであるピット、クラウドにより構成。3Dカメラなどの各センサーによる空間認識機能も備えている。AI搭載の自律走行が可能な本体と、さまざまな機能拡張が可能なサービス・ユニットを組み合わせることにより、新たな機能を持たせる事が可能に。

例えば、照明のサービス・ユニットを合わせれば、部屋にいる人の動きを検知して照明を点けてくれる“考える照明”といったことができるようになるのだ。

また、人の行動パターンをデータ化しクラウドと連携して情報を蓄積。動作精度向上のデータとして解析、反映することで、生活行動によりフィットした自律行動として常に成長していく。プロトタイプは、さまざまな場面での違和感のないプラットフォームとしての在り方を考慮し、機能と使用環境との親和性に配慮したデザインを採用。車輪には、360度回転が可能なオムニホイールを用いている。

Flower Robotics|フラワー・ロボティクス 1
Flower Robotics|フラワー・ロボティクス 4

今後は、AIロボット開発のプラットフォームとして、サービス・ユニット接続の為のインターフェイス開発をオープンソースでおこなう予定。それにより、サードパーティ各社が得意とする分野をサービス・ユニットとして開発しやすい環境を提供。ロボット市場参入のハードルを下げ、家庭用ロボットの普及促進につなげていくという。

なお、インターフェイスにはAndroidを採用し、サードパーティ向けの開発キット(SDK/シミュレーター)は、2015年の提供を目標にしている。

自律行動と学習能力を備えた本体と、動作精度を高めるクラウドとを連携させることで使えば使うほど賢くなり、ユーザーの生活行動によりフィットする「パタン」。家具やインテリアといった家庭内のさまざまな機器が、自分で考えるAI(人工知能)ロボットになる―。そんな未来も近いかもしれない。

わたしたちの日常をドラマティックに変えてくれるものとして、今後の展開が楽しみだ。

Flower Robotics|フラワー・ロボティクス 5

Patin(パタン)の主な仕様と搭載物(プロトタイプ)
サイズ|縦340mm、横330mm、高さ193mm
OS|Linux
車輪|オムニホイール
モーター|DCモーター
バッテリー|リチウムイオン電池
メインCPUボード|Jetson TK1
制御用ボード|Ardino board
カメラ・センサ|深度カメラ、熱画像カメラ、単眼カメラ、落下防止センサ、障害物検出用センサ、接触センサ
外装素材|ガラス入りナイロン(粉末造形)
その他|Wi-Fi、USB、アダプタ

<Patin concept promotion movie>

フラワー・ロボティクス

http://www.flower-robotics.com/

パタン特設サイト

http://www.flower-robotics.com/patin

FLOWER ROBOTICS|フラワー・ロボティクス
2001年に創立。ロボットの企画・デザイン・設計・開発を行うロボットのベンチャー企業。フラワー・ガールをコンセプトとしたヒューマノイドロボット「Posy」や、KDDI株式会社のブランド「iida」と共同でロボット「Polaris」のデザイン&開発など多数の画期的なロボット開発を手がける。2009年に自社開発した人工知能搭載のマネキン型ロボット「Palette」で、量産から販売までの一貫したシステムを構築。2009年グッドデザイン賞(日本)、2010年IFデザイン賞(ドイツ)を受賞した。