未来のDSをしめすコンセプト「ディヴァイン DS」|Citroen

未来のDSをしめすコンセプト「ディヴァイン DS」|Citroen

CAR NEWS

Citroen Divine DS Concept|シトロエン ディヴァイン DS コンセプト

未来のDSをしめすコンセプト「ディヴァインDS」

シトロエンはパリモーターショーにおいて、DSのデザインの方向性を占うコンセプトモデル「ディヴァイン DS」を発表する。内外装にアバンギャルドなモチーフが散りばめられた一台だ。

Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)

細かなデザイン提案が散りばめられたエクステリア

シトロエンは、DSブランドの今後の方向性をしめすコンセプトモデル「ディヴァイン DS」を、10月に開催されるパリモーターショーで発表する。

ディヴァイン DSは、全長4.21メートルにたいし、全幅が1.98メートル、全高は1.35メートルと幅広く、低く構えたプロモーションをもつ。さらにフロントには「DS 5LS」や「DS6」で採用された、横への広がりを強調する“DSウィング”を踏襲し、視覚的にもワード&ローが補強される。このフロントグリルは、陰影の強弱がつけられた、大小の星型が散りばめられており、立体的な視覚効果を生み出すものとなっている。

Citroen Divine DS Concept|シトロエン ディヴァイン DS コンセプト
Citroen Divine DS Concept|シトロエン ディヴァイン DS コンセプト

一見普通にみえるAピラーだが、フェイクとなってガラス面から浮いており、ユニークな処理がほどこされている。また、クローム処理された細い脚をもつサイドミラーが、そのまボンネット上にアクセントとして伸びるのは「DS5」に通じる意匠だ。

Aピラーの付け根の下から、リアコンビネーションランプまで一筆書きされたような伸びやかなクロームのラインは、ボディサイドに緊張感をもたらすとともに、下面にドアハンドルを内蔵する機能も果たしている。

またルーフは、は虫類のレザー表皮を髣髴とさせるとシトロエンが謳う、三角形が組み合わされた幾何学模様。このモチーフはそのままリアパネルやドアミラーカバー、リアコンビネーションランプにも反復されている。この、一部のパネルが空力性能向上のために浮かされたリアパネルは後方視界を一切提供しないが、そのかわりにリアビューカメラが内蔵され、その映像をミラー位置にあるディスプレイに映し出すことで視野を確保している。