ブガッティ、これぞ究極のスーパーカー・ビジネス|Bugatti

ブガッティ、これぞ究極のスーパーカー・ビジネス|Bugatti

CAR FEATURES

Bugatti Vayron 16.4 Grand Sport Vitesse “Ettore Bugatti”
ブガッティ ヴェイロン 16.4 グラン スポーツ ヴィテス “エットーレ・ブガッティ”

ブガッティ、これぞ究極のスーパーカー・ビジネス

最後の「レジェンド」は3億2,000万円

1,200馬力のパワーを持つウルトラスーパスポーツ「ヴェイロン 16.4 ヴィッテス」をベースに、ブガッティ社にまつわる6人の名前を冠した特別仕様車として、2013年の夏にスタートした「ブガッティ・レジェンド」シリーズ。これまでに、「ジャン=ピエール・ウィミーユ」をはじめ、「ジャン・ブガッティ」「ブラック・ベス」など、5モデルを発表してきたが、第6弾にしてついに完結。創業者「エットーレ・ブガッティ」の名をもつ至高のモデルを、米国西海岸で開催された自動車イベント「モータースポーツ・ギャザリング」の会場から、小川フミオ氏がレポートする。

Text by OGAWA Fumio

発表したときにはすでに売り切れ

ブガッティ・オートモビルが手がけるウルトラスーパスポーツ「ヴェイロン 16.4」。2005年に第1号車がローンチされて以来、現在は1,200馬力の「グランスポーツ ヴィテス」に進化。10年ちかくたっても、ライバルを寄せ付けない存在感である。

2013年夏から、グランスポーツ ヴィテスをベースに、よりエクスクルーシブなモデルを求める富裕層のため“レジェンド”シリーズが設定された。個性的な内外装を特徴とし、価格は235万ユーロ(3億2,000万円)、各モデル限定3台となっている。

327_05_les_legendes_de_bugatti

Bugatti Vayron 16.4 Grand Sport Vitesse “Ettore Bugatti”

327_07_les_legendes_de_bugatti

シリーズをしめくくる「エットーレ・ブガッティ」が、さる2014年8月、米国西海岸で開催されたモンタレーカーウィークでお披露目された。場所は、高級リゾート、ザ・クェイルロッジでの「モータースポーツ・ギャザリング」である。

芝生の上に、6台の「レジェンド」が並べられたさまは圧巻。個性あるカラースキームにより、どれもベースはヴェイロン16.4グランスポーツ ヴィテスとは、にわかに信じられないほど、各車とも強いキャラクターを持つ。

基本的には、古いスポーツカーのお祭りなのだが、昨今では、ベントレー、ランボルギーニ、ポルシェ、ジャガー、マクラーレンなども、この場所を、ニューモデル発表の機会としたりしている。

多額の退職金とともにアーリーリタイヤメントをし、クルマ趣味を追求するひとなど、富裕層の多い米西海岸ならでのイベントだからだ。