フィアット アバルト695 トリビュート フェラーリ|ふたつの名門によるコラボレーション

フィアット アバルト695 トリビュート フェラーリ|ふたつの名門によるコラボレーション

自動車情報

FIAT ABART 695 Tribute FERRARI|

フィアット アバルト695 トリビュート フェラーリ

ふたつの名門によるコラボレーション

フィアットは「アバルト500」をベースとした、フェラーリとのコラボレーションモデル「アバルト695トリビュートフェラーリ」を、フランクフルトモーターショーで公開する。

文=ジラフ

アバルト、高級スポーツカー市場に参入

フィアット アバルト695トリビュートフェラーリは、アバルト500にフェラーリのスポーティなイメージを反映させた限定モデル。これによって、アバルトが高級スポーツカー市場に参入することになるが、それにはフェラーリオーナーのセカンドカーとしての需要も見込まれているという。

写真からもわかるように、外観はフェラーリの代名詞ともいえる「スクーデリアレッド」でペイントされ、ドアミラーはカーボンファイバー製となる。ボンネット、ルーフ、そしてリアゲートにわたる2本のストライプは、フェラーリ「F430スクーデリア」をイメージしている。アルミホイールとリアのインテークはレーシンググレーで仕上げられ、ヘッドライトはマニエッティマレリ製のキセノンに変更されている。

内装に目を向けると、まず目に付くのが専用のバケットシート「アバルトコルサbyサベルト」。カーボン製のこのシートは、アバルト500の標準シートよりも10kgも軽いという。表面には、ステアリングと同様にブラックレザーが採用され、差し色にレッドレザーが使われている。

090914_f2_327
090914_f4_327

1.4リッター直4ターボは180psを発生

メーターはフェラーリとおなじJaeger製。フロアはアルミで仕上げられ、レーシーな雰囲気を醸し出している。またアルミ製のペダルに「スコーピオン」のロゴが入れられるなど、細かな部分にもこだわりが感じられる。

搭載されるエンジンは、1.4リッターの直4ターボ「T‐ジェット」。ここには吸排気系を中心としたチューニングがほどこされ、最高出力は180psを記録する。実際にクルマを走らせれば、アバルトのエグゾーストシステム「レコードモンツァ」が、3000rpmを超えたあたりから官能的なエキゾーストノートを響かせてくれるという。組み合わされるトランスミッションには「MTA」と呼ばれる2ペダルMTが採用される。

足わまりはダンパーが強化され、ブレーキにはブレンボ製の4ピストンを採用。ローターは284mmの大径タイプが装着される。

アバルト695トリビュートフェラーリの生産台数、価格などは一切公表されていない。現在のところ、日本への導入も不明だ。