VOLVO XC60|ボルボ XC60(前編) | 200メートル先からでもボルボとわかる

VOLVO XC60|ボルボ XC60(前編) | 200メートル先からでもボルボとわかる

ニューモデル試乗

VOLVO XC60|ボルボ XC60(前編)

200メートル先からでもボルボとわかる

ボルボのなかでもっとも売れているモデル

ボルボ XC60はいま注目されている「クロスオーバー」市場への参入車。既存のモデルでは日産スカイライン・クロスオーバーやBMW X6に見られるように、クーペを思わせるコンパクトなルックスのキャビンに、ヨンク的なSUVのタフさを組み合わせたもの。スポーティな都市型乗用車として、一部では人気が出てきている。実際、XC60も欧米ではボルボのなかでもっとも売れているモデルだという。

ターボチャージャーを組み合わせて285馬力を発生する3リッター直列6気筒エンジンを横置きし、電子制御全輪駆動システムを組み合わせたXC60。外観上も全体の流麗なシルエットにくわえ、クロームの縁取りを強調したフロントグリルや大胆な面取りをしたフロントバンパーで独自性を出している。

「これまでのイメージをくつがえすスポーティなモデル」(ボルボ・カーズ・ジャパン)というのもわかる。ただしボルボのスタイリングイメージをひっくり返すのではなく、「これまでのボルボは100メートル先からでもボルボとわかりましたが、XC60は200メートル先からでもボルボとわかる圧倒的な存在感をもったクルマ」とスウェーデン本社のデザインチームでは話している。

スタイリングをデザインの視点からみると、XC60ではボディのウェストラインで、イメージを2つに分けたのが特徴となっている。下半分は先行発売されているSUV、XC90を思わせるクロスカントリー(いわゆるヨンク)型の悪路走破性の高そうながっしりとした印象を与えるもの。いっぽうそこから上はゆるやかなカーブをもつサイドウィンドウのグラフィックに象徴されるように優雅さを感じさせる。後端の上下幅をせばめることで、前席重視のクーペのようなスポーティイメージをもたせている。これが2つの車型の特徴を併せもつ「クロスオーバー」のゆえんとなっている。

ボルボならではの安全装備

全長4625mmと、SUVとしては比較的コンパクトに抑えられた全長をもつXC60。先行発売されて独自のマーケットを獲得しているXC70とサイズ的な比較をした場合、XC60はホイールベースで40mm、全長で215mm短くなっている一方、前後ともトレッドは拡大し(全幅は同寸)、全高は当然ながら110mm上がっている。スペース効率のよさはボルボ各モデルに通じるもので、ゴルフバッグなら4つ搭載可能だそう。

またインテリアでは「プライベートジェットのコクピットをイメージした」とデザインチームが言うように、運転席を中心としたデザインコンセプトが採用されているのが特徴。なかでも最近のボルボ車を特徴づけているフローティングセンタースタックを運転席中心の左右非対称デザインにしたことが新しい。これにより、エアコンなどの操作性が向上している。

もうひとつの美点がシート。深いバケットタイプで、かつクッションの立体的な造型もクルマ好きの興味を惹く。なかでも2色のカラーを採用したタイプを選択すると、これまでになかった魅力的なテイストが手に入る。クルマの運転席は仕事場ではなく、まるでリビングルームのようなくつろぎの空間でもある、とでもいわんばかりのボルボのデザインの恩恵が、XC60ではしっかり享受できる。このやわらかな雰囲気はドイツ車にはないものだ。女性に人気が高いゆえんかもしれない。

XC60の大きな特徴が斬新な機構をもった安全装備「シティ・セーフティ」。低速用衝突回避・軽減オートブレーキシステムと定義されたこの技術は、レーザーセンサーを使ってコンピューターが先行車への追突を回避するもの。「衝突事故の75パーセントが時速30kmまでで発生、かつ衝突の瞬間までドライバーはまったくブレーキを踏んでいない」とこのシステム開発の背景に言及してボルボでは述べている。

シティ・セーフティは、車速が時速30km以下で作動。時速15km未満の場合、衝突を未然に回避、先行車との速度差が15~30kmでは追突のダメージを低減するという。世界初というこの安全技術はXC60全車に標準装備される。試乗会でも時速15kmでの作動を体験させてもらったが、追突か!という寸前に車両が自動的にブレーキをかけ車両は完全停止。そのあと数秒後にブレーキが解除された。

ボルボ・カーズ・ジャパンお客様相談室
0120-922-662

http://www.volvocars.com/jp/