Boucheron|マーク・ニューソンの卓越したセンスがブシュロンのハイジュエリーに

Boucheron|マーク・ニューソンの卓越したセンスがブシュロンのハイジュエリーに

FASHION WOMEN

Boucheron|ブシュロン

マーク・ニューソンの卓越したセンスがブシュロンのハイジュエリーに

老舗ジュエラーと著名デザイナーのコラボレーション

フランスで最高峰と呼ばれるグランサンクのジュエラー、ブシュロン。ブシュロンは昨年150周年を迎えたばかりの老舗で、その顧客にはロシア皇帝からエジプトの王妃、ロックフェラー家など、世界中の王侯貴族や大実業家が名を連ねる。同メゾンはこのたび、あたらしい試みのハイジュエリーを発表した。デザイナーであるマーク・ニューソンとのコラボレーションとなるネックレスだ。

そのテーマは、「フラクタル幾何学」。フラクタルとは幾何学的な図形で、小さなパーツへと無限に分割することができ、かつそれぞれの部分が全体の形と自己相似している。ニューソン自身も20年以上この図形へと思いを馳せてきた、重要なデザインテーマだ。

「ブシュロンがもっていたものとちがう作品を提案したかった」と語るニューソンは、自然界に発生する現象を、やはり自然界の産物であるジュエリーへと重ね合わせた。この美しいネックレスは、インスパイアの源泉となったフラクタル「ジュリア集合」より名を取り、「ジュリア」と名づけられた。

デザイナーの夢を形へと換えた職人の技術

2000個もの宝石をパヴェセッティングしたハイジュエリー「ジュリア」。デザイナーの思いをハイジュエリーとして表現するために、ブシュロンの職人たちはおよそ1500時間以上をかけてネックレスを製作した。地金の使用を最小限に抑えたため、まるでフラクタルが宙に舞うようにネックレスは胸もとで軽やかに揺れる。

マーク・ニューソンはサファイアとダイヤモンドのカラーグラデーションが美しいこのネックレスを目にして、次のように語ったという。「私がもっとも驚いたのは、このネックレスが文字通り私の最初の提案を立体化したものであること。実際、私が提案したものをはるかに超えたネックレスとなっている」。

090724_400_001

Julia「ジュリア」|マーク・ニューソンとのコラボレーションジュエリー、「ジュリア」。ダイヤモンドとサファイアをセッティングしたボリューム溢れるデザインだが、フラクタルの重要な要素である正確な数学的位置を再現している。サファイアの渦の中央に、ダイヤモンド(0.84ct~2.50ct)がセッティングされている。

これまでにもブシュロンは、リシャール・ミルとのコラボレーションウォッチなど、時代を先駆ける作品をつぎつぎと製作してきた。それもデザインやコンセプトを現実化させるための確かな技術があってこそのこと。このマーク・ニューソンとのコラボレーションジュエリーにもまた、歩みを止めることのないメゾンのプライドが見てとれる。

次はいったいどのようなかたちで、そしていかなる驚きを私たちに与えてくれるのか? メゾンの未来がますます楽しみとなるコラボレーションだ。