「デルボー」から新作メンズバッグ“Newspaper Bag”登場

090521_DELVAUX

連載|オウプナーズ的バイヤーズガイド

「DELVAUX(デルボー)」から待望の新作
メンズバッグ“Newspaper Bag”登場

1829年創業のベルギー王室御用達の老舗ハンドバッグメゾン「デルボー」から、待望の新作メンズバッグが発表された。
その名も「NEWSPAPER BAG」。バッグの中央を走る2本のループで、新聞や雑誌をはさめる仕様になっており、まさにビジネスマンのための機能を考えてつくられたといえる。デルボーらしいシンプルなデザインのなかに、ヨーロッパならではのウィットが垣間見える。
新ディレクター、ブルーノ・ピータースによりさらに洗練の度合いを増したデルボー。やわらかなソフトカーフのこのブリーフケースからは、たしかな品質と気品が感じられる。

「DELVAUX(デルボー)」から待望の新作<br><br>メンズバッグ“Newspaper Bag”登場

世界最古のハンドバッグメーカー、デルボー

デルボー社は1829年、ベルギー独立の前年に創業された、老舗のバッグメーカー。

創業者のシャルル・デルボーはブリュッセルの中心、エンペラー通り7番地にレザーワークの店を開き、トランクや旅行者用の製品を幅広くつくってきた。そして1883年には、その技術と品質が評価され、ベルギー王室御用達の栄に浴することになった。

1933年にはフランツ・シュワニック氏の手にわたることになったが、「高品質なものを適正価格で」という創業当時からのポリシーは、変わることなく180年経った現在も生きつづけている。

最高級品の皮革製品はいかなる下請けにも出すことなく、自社の職人でつくりあげる――

ひとつひとつがアルチザンの丁寧な手仕事によってつくりあげられる、デルボーのバッグ。
定番のカーフバッグひとつをつくるのに要する時間は、およそ6時間。年間で生産できる個数は、たったの3万個にすぎない。
デルボーの「作品」とも呼ぶべきバッグには、大量生産ではなしえないその味わい深さ、アルチザンの心意気が感じられる。

The 1829 Men’s Line of Bruno Pieters

デルボーは2008 Autum & Winterコレクションより、「ライン1829」としてブルーノ・ピータースにメンズコレクションのデザインを依頼。
デザイナーとして、またファッションディレクターとしてグローバルに活躍するベルギー出身の才能は、老舗とのコラボレーションによりあらたな境地を切り拓いた。

彼がデザインしたモデルは完璧なまでにシンプルでいて機能的である。フォーマル、カジュアルそれぞれのシーンにふさわしいスタイルを追求し、クリーンかつ計算された構築的デザインのなかに、ブルーノの個性が控えめにほどこされた作品たち。

そこには高品質でラグジュアリーな「クラシカル エレガント」という、デルボー創業時からのタイムレスなスタイルと、ブルーノの洗練とが見事に融合している。

「DELVAUX(デルボー)」から待望の新作<br><br>メンズバッグ“Newspaper Bag”登場

Newspaper Bag 26万2500円

「DELVAUX(デルボー)」から待望の新作<br><br>メンズバッグ“Newspaper Bag”登場

ディレクター、ブルーノ・ピータース

TAG
  • j&m-davidson
  • tokyoflagship
  • banner_fortune