DIESELとフィアットのコラボレーションモデル「FIAT 500byDIESEL」発売

DIESELとフィアットのコラボレーションモデル「FIAT 500byDIESEL」発売

Information for your new life&style from DIESEL

DIESEL│ディーゼル

DIESELとフィアットのコラボレーションモデル
「FIAT 500byDIESEL」3月21日(土)より販売開始!

昨年11月よりイタリア本国で発売中の「FIAT 500byDIESEL」は、フィアットとレンツォ・ロッソ率いるDIESELとのコラボレーションによるオリジナルモデルで、世界で1万台の限定生産 (日本では150台の限定販売)。

イタリアを象徴するふたつのブランドによる独創的なコラボレーションモデル

世界で1万台限定の「FIAT 500byDIESEL」は、3月21日より全国のフィアット正規ディーラーを通じて販売をスタート。

FIAT 500の新バージョンとなる今回の「FIAT 500byDIESEL」は、イタリアが誇るクルマの技術とファッションセンスが融合。
小さいながらもスタイリッシュなこのクルマは、イタリアンデザインらしい、パッション、イノベーション、クリエイティビティを兼ね備えている。

日本で販売中の「FIAT 500byDIESEL」は、FIAT 500の1.4リッターモデルをベースに、さまざまなオリジナルアイテムを装着した特別限定モデルで、1368cc、直列4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載。これにATモード付5速シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」が組み合わされる。右ハンドル仕様のみで、全国メーカー希望小売価格274万円(150台限定)。

プロジェクトの目標は「アーバン・サバイバル・カー」

このクルマは新型FIAT 500の生みの親、ロベルト ジョリート率いるフィアット・スタイルセンターのデザイナーたちと、ウィルバート・ダス率いるディーゼル・クリエイティブ・チームとの連係した作業から誕生した。

このプロジェクトの目標は「アーバン・サバイバル・カー」。つまり低燃費で使い勝手がよく、「都市をしなやかにくぐり抜けるクルマ」であり、若く独創的なユーザーの個性をも強烈に表現できるクルマをつくること。

エクステリアでは、DIESELの有名な「モヒカン」ロゴ入りの専用デザイン16インチ アロイホイールや鮮やかなイエローで仕上げられたブレーキキャリパー、チタンマット仕上げの専用エクステリアアイテムが目を引く。

ボディーカラーは、レンツォ・ロッソ個人所有のジェット機から発想を得たという、独特な「ディーゼル グリーン」や、アーバン・サバイバル・カーの名にふさわしい個性的な「ディーゼル ブロンズ」 (以上FIAT 500byDIESEL専用カラー)、そして「クロスオーバー ブラック」の3色が用意されている。

インテリアでは、デニムを模して黄色いステッチで仕上げられた専用デザインファブリックシートや専用オーディオコントローラー付レザーステアリング、チタンマットカラーで仕上げられたダッシュボードなどが特徴。また専用のキックプレートには、DIESELのブランドコンセプト「For Successful Living」が刻まれ、細部にいたるまでDIESELのセンスが光る仕上がりとなっている。

『WR青山』が青山Aoビル2階に移転オープン

「ディーゼル ブロンズ」

CIAO FIAT
0120-404-053

ディーゼルジャパン
Tel. 03-5468-5481
www.diesel.co.jp