PORSCHE|ポルシェ|第2回 残価設定ローンとは

PORSCHE|ポルシェ|第2回 残価設定ローンとは

残価設定ローンが創出する、クルマとのあたらしい関係

第2回 残価設定ローンとは

「911カレラ」の見積もりを前に、最近気になっている“あのローン”について、セールススタッフに聞いてみた。

文=生方聡取材協力=ポルシェ ジャパン、ポルシェセンター目黒

月々の支払い額を抑える

従来型の自動車ローンでは、対象全額でローンを組んでいたが、残価設定ローンでは、将来の下取り価格(残価または据え置き価格)を差し引いた額でローンを組むため、月々の支払い額を抑えることが可能。

月々の支払い額を抑える

月々18万円強の5年ローンで新車の「911カレラ」を手に入れるというプラン。悪くはないが、セールススタッフに、最近気になっている残価設定ローンについてたずねてみた。

「はい、『ポルシェ パワーローン』ですね」

最近、日本車でも積極的に導入している残価設定ローンは、据え置き型ローンとも呼ばれる比較的新しいタイプのプログラムだ。

ローン終了時点の下取り価格を残価(据え置き価格)として設定し、この金額を最終回に支払うかわりに、月々の支払い額を抑えようというのがその特徴なのだ。

実際、弾き出された数字を見ると、初回15万880円、月々14万5000円というように、支払額には大きな開きがあった。月々の支払い額が3万8700円少ないことになる。

もちろん、残価設定ローンといっても“魔法のローン”ではないので、月々の支払い額が抑えられるかわりに、どこかに皺寄せが出てくる。その最たるものが最終回の支払いで、パワーローンを利用して911カレラを購入した場合は270万円と、新車の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が買えるほどの金額だ。

下の表は、従来型の「ポルシェ オートローン」と残価設定型の「同パワーローン」の比較なのだが、総支払い額にちがいがあることに気がつくだろう。オートローンに対してパワーローンの総支払額は23万7880円高い。これは残価にも支払い期間分の利息がかかるからで、そもそも据え置き価格は頭金とはちがうということなのだ。

  • ポルシェ911カレラを購入
  • (2008年7月登録)
  • ポルシェ オートローン
  • (従来型ローン)
  • ポルシェ パワーローン
  • (残価設定ローン)
  • 車両本体価格 1178万円 オプション込
  • 諸費用 75万2900円
  • 頭金 294万8270円
  • 実質年率 3.9%
  • ローン対象金額 1000万円
  • 支払い回数 60回
  • 初回 18万4700円
  • 月々(×59回) 18万3700円
  • 総支払額 1102万3000円
  • 初回 15万880円
  • 月々(×58回) 14万5000円
  • 最終回(残価) 270万円
  • 総支払額 1126万880円

ポルシェで残価設定ローンを利用する

支払い最終回まで持ち越された残価は、必ずしもキャッシュで支払わなくてもいいのが、このローンの巧みなところで、たとえば、残価を新たなローンで支払うことが可能。また、この時点で911を手放したい、あるいは、別のクルマの乗り換えたいというのであれば、クルマを売却した代金を据え置き価格に充当するという手もある。

ポルシェの場合、極端に走行距離が多かったり、手荒な扱いをしたり、事故を起こしたりしないかぎり、売却金額が据え置き価格を下回ることはまずないという。

上記を理解したうえで、パワーローンを選択すれば、無理なくあこがれの911が手に入りそうな気がしてきた。新しい一歩を踏み出す日は近い。

次回から、残価設定ローンが生み出す新しい消費行動について詳しくふれていきたい。

月々の支払い額を抑える

ポルシェセンター目黒
153-0061 東京都目黒区中目黒2-8-21 Tel. 03-3719-6221