Né-netデザイナー対談(2)

Né-netデザイナー対談(2)

Né-net 2007 SPRING&SUMMER COLLECTIONより

Create an atmosphere of fashion

「東京」ファッションの発信力(2)

ファッションブランドNé-netデザイナー高島一精×島津由行

対談第2回は、コレクションのテーマとなった「TAIKUTSU」の表現方法に迫ります。

写真=Jamandfix構成=梶井 誠(本誌)

「TAIKUTSU」はネガティブじゃない

──島津さんはスタイリストですが、『ネ・ネット』では演出・音楽なんですね

島津由行 コレクションの仕上げにスタイリストを入れるブランドが多くなってますが、ちょっといまの東京コレクション(東コレ)は、スタイリストを入れ過ぎちゃってるかなと思ってます。逆にデザインチームでスタイリングをするのが新鮮に感じていて、あとはショー全体のつくりかたですね。スタイリストという目線から離れて、いろんな角度から演出することで、服もより面白く見えてくるので。

──高島さんの服づくりは?

高島一精 まずテーマ、2007-08秋冬なら「TAIKUTSU」というテーマがあって、つぎに見せる空間(ラフォーレ・ミュージアム原宿)が決まって、“こういうことをやりたいな”ということを思って服をつくります。

──服ありき、じゃないんですね

高島 服をどういうふうに見せるかを考えて、それが妄想なんですが(笑)、それを島津さんたちスタッフに伝えて。

──でも抽象的なテーマなので解釈はいろいろですよね

島津 でも抽象は抽象のまま終わってもいいかもって思いますけどね。マーケットを重視した「1+1=2」というクリエーションの仕方より、「観終わってずっと悩んだけどわかんないね」というのもいい。

──なるほど

島津 東コレに参加する日本人のアイディアとして「タイクツ」ってテーマは出てきていいと思います。いままでなかったのが逆に不思議なくらいで。高島さんのファンタジー性は、津森千里さんとか小野塚秋良さん(共にファッションデザイナー)らのファンタジーとは一線を画していて、ちょっと日陰なファンタジー性があるんですね。

ペンギン・カフェ・オーケストラ2枚同時発売!

Né-net 2007 SPRING&SUMMER COLLECTIONより

──それで、演出家としては今回の「TAIKUTSU」はどう解釈したんですか?

島津 とにかくモデルたちにタイクツな姿勢をとってもらって、タイクツだと思って歩いてと(笑)

Né-net 2007 SPRING&SUMMER COLLECTIONより

Né-net 2007 SPRING&SUMMER COLLECTIONより

──面白いディレクションですよねぇ

島津 とにかくむなしい、タイクツ、猫背で歩いてと。そんな演出ないですよね。ヘアメーク担当の加茂克也さん(モッズヘア)の退屈そうな眉毛(笑)とかも。音もオープニングはどうはじめようかなと思って、思いついたのが僕の事務所にあるカラープリンタのコピー音。退屈な音なんですよね、“カシャー、カシャー”って。それでショーがはじまるんです(笑)。

ペンギン・カフェ・オーケストラ2枚同時発売!

──服の表現はどうなんですか

高島 テキスタイルでは、パズルに「タングラム」というゲームがあるんですが、パッチワークでそのタングラム柄をつくったり、ケープは“折って折って”、ニットは“編んで編んで”という単純作業を重ねてつくったりしています。

──コレクションの意図がわかってきました

高島 あとは、ポケットに手を入れてタイクツそうに歩くとか、猫背のシルエットで見せるとかですね。

──外国人ジャーナリストのコレクション評で、「肩をすぼめたスタイルにリアリティを感じた。東京に来たら、肩をすぼめて歩く若者たちがものすごくおしゃれだと思った」というのがありました

高島 タイクツは、それほどネガティブなことじゃないんです。

島津 逆に幸せでいられる状態ってことでもあるんですよ。

──そこに、社会批判やアイロニーはあるんですか?

高島 それはあまり(笑)考えていません。

ネ・ネットプレス菜切さん コレクションで発表した「TAIKUTSU」Tシャツ、早速ヒット商品です!

第3回「東京ファッションの推進力」につづく

ペンギン・カフェ・オーケストラ2枚同時発売!

ネ・ネット 2008春夏コレクション決定!

2007年8月31日 (金) 16:30 東京・時事通信ホール

ネ・ネットデザイナー高島一精さんのご好意により、オウプナーズ読者10名を特別ご招待いたします。
(※当日は一般の方は入場できません。チケットのみのプレゼントです)

コレクション観覧(立見になります)希望者は、OPENERSトップページ(http://openers.jp)
下段の「ご意見ご要望はこちらへ」からご応募ください。
■内容に「ネ・ネット観覧希望」と明記の上、お名前・住所・年齢と、メッセージを書き添えて、
返信アドレスもお忘れなく。応募者多数の場合は抽選の上、発送に代えさせていただきます。
締切は8月20日(月)。どしどしご応募ください。(オウプナーズ編集部)

ABOUT
SHIMAZU Yoshiyuki

1959年熊本生まれ。マガジンハウス『POPEYE』のスタイリストとして活躍後、現在は『SENSE』や『POPEYE』、『CUT』などの男性・女性ファッション誌でのスタイリングやファッションディレクションを手がけるほか、 …