ブリヂストン レグノGR-XTで出掛ける箱根ワンデイトリップ|BRIDGESTONE REGNO GR-XT

ブリヂストン レグノGR-XTで出掛ける箱根ワンデイトリップ|BRIDGESTONE REGNO GR-XT

プレミアムな旅×REGNO GR-XT

BRIDGESTONE REGNO GR-XT|ブリヂストン レグノGR-XT

CHAPTER 1|TANIJIRI Makoto × SHIMIZU Kumiko

その上質な走りは、優雅な時間を思いのままに

ブリヂストンのプレミアムタイヤ「レグノGR-XT」を装着し、東京から箱根まで片道およそ100km、大人のワンデイトリップに出掛ける。ステアリングを握るのは、建築家の谷尻誠氏と、クルマ好きの実業家で知られる清水久美子氏のふたり。一路、芦ノ湖スカイラインを目指し、優雅な箱根ふたり旅がはじまる。

Text by KUSHIMA Tastuya
Photographs by ABE Masaya

思いのままにワンデイトリップ

物の本によれば、「春」という言葉は、「万物が発(は)る」「木の芽が張(は)る」「天候が晴(は)る」といった意味合いを持つそうだ。この時期になるとそれまでピンと張っていた冬の冷たい空気がほんのり優しくなる。2月4日頃を立春というが、感覚的にはまだまだ遠い。3月下旬の春分の日を前にして、ようやくそれを実感する。

BRIDGESTONE REGNO GR-XT|ブリヂストン レグノGR-XT 02

そんな季節だけに、この時期になると人間も動物なのだなと、あらためて気づく。誰もが行動的になるからだ。冬眠とはいわないが、それまで極力外出を控えていたのが、積極的に旅の計画を立てたりする。もちろん年齢、性別を問わずに。春が“旅立ちの季節”なんていわれるのもわかる。忙しい日々から、“ふと、開放されたい”なんて気にもなるものだ。

朝日のぼる東京の街を背に旅に出掛けたのは、建築家の谷尻誠氏と、いろいろなクルマを乗りこなす実業家で知られる清水久美子氏のふたり。互いのお気に入りの場所へと案内する、優雅なワンデイトリップのはじまりだ。

BRIDGESTONE REGNO GR-XT|ブリヂストン レグノGR-XT 02
BRIDGESTONE REGNO GR-XT|ブリヂストン レグノGR-XT 04

ラグジュアリーサルーンの足元にはブリヂストン「レグノGR-XT」が備わる。誕生から30年あまり、プレミアムタイヤの王道を歩んできた逸品である。さて、いったいどんな旅になるのか……。

ABOUT
TANIJIRI Makoto

建築家 Suppose design office 代表 1974年 広島生まれ 2000年 建築設計事務所Suppose design office 設立 住宅、商業空間、会場構成、ランドスケープ、プロダクト、アートの …