ROLEX|オイスター パーペチュアル デイトジャスト

ROLEX|オイスター パーペチュアル デイトジャスト

WATCH&JEWELRY

ROLEX|ロレックス

ロレックス オイスター パーペチュアル デイトジャスト

Text by OPENERS

究極の実用時計、デイトジャスト

圧倒的な知名度を誇るロレックスのなかでも、最も人気が高い代表モデルの1つに上げられるのが、この「デイトジャスト」である。

1945年に発表された同モデルは、午前0時になると日付が切り替わるカレンダー機能を装備。文字盤の3時位置に日付窓を設置し、順次日付が切り替わってゆくという、現在の一般的なデイト付き3針ウオッチのスタイルを確立した。さらに同モデルには、ロレックスがそれまでに開発した完全防水ケースの“オイスター”や、回転式の錘(おもり)によって双方向の巻き上げが可能な自動巻き機構“パーペチュアル”も装備。後に「ロレックスの3大発明」といわれる、これらの機能を凝集したデイトジャストは、究極の実用時計として時計界に君臨する。

発表後60年以上が経過した今日においても、デイトジャストの人気は高まるばかりだ。その魅力は、前述の機能性だけで語り尽くせるものではなく、バリエーションの豊富さも、デイトジャストの大きな魅力のひとつといえるだろう。ダイヤルカラーやインデックス、ケース素材、ベゼルの仕様などに豊富な種類が用意され、これらは年々新たな広がりをみせていく。

写真左は2004年に発表された同シリーズの「ターノグラフ」であり、美しいカッティングが施された回転式ベゼルや、5連のジュビリーブレスを装備(SSケース&ブレス。WGベゼル。71万4000円)。デイトジャストは過不足ない機能性を宿した定番ウオッチでありながら、真に個性的な手元も演出してくれるのだ。

ROLEX OYSTER PERPETUAL DATEJUST
ロレックス オイスター パーペチュアル デイトジャスト(上画像)

自動巻き
毎時2万8800振動
ケース径 36.0mm
SSケース&ブレス
生活防水|100m防水
価格|56万7000円

ROLEX OYSTER PERPETUAL DATEJUST TURN-O-GRAPH
ロレックス オイスター パーペチュアル デイトジャスト ターノグラフ(左画像)

SSケース&ブレス
WGベゼル
価格|71万4000円

BRAND HISTORY

20世紀初頭、まだ腕時計が誕生して間もない頃に創業し、以後100年以上も腕時計とともに歩み続け、飛躍的な進化を遂げていったロレックス。

1905年、イギリス・ロンドンにブランドの前身となる「ウイルスドルフ・アンド・デイビス社」を設立したことから、ロレックスの歴史は始まる。創業者のハンス・ウイルスドルフは、当時まだ懐中時計が主流だった時代に、腕時計に先見の明を感じ取った天才的な実業家であった。1907年には本格的な時計製造に着手するため、早くも事務所機能をスイスに移転。その翌年には、ブランド名「ROLEX」を考案し、商標登録を行っている。

1910年には腕時計としては初の、公的精度検定であるクロノメーターの公式証明書を獲得し、ロレックス製品の高精度を証づけた。1926年には、完全防水・防塵構造のケース「オイスター」を発明し、常に水や埃にさらされている腕時計の弱点を克服。

その後も、錘(おもり)の回転で駆動ゼンマイを巻き上げる自動巻きシステム「パーペチュアル」や、3時位置にデジタルディスプレイを設け、午前零時になると自動的に日付が切り替わる「デイトジャスト」を開発。ロレックスが腕時計の進化に果たした役割は、あまりに大きいといえる。

1950年代に入ると、ラインナップの多様化が図られ、史上初の潜水時計「サブマリーナー」や、冒険家用の腕時計「エクスプローラー」など、特殊任務に着手するプロフェッショナルのための時計製造が行われる。もちろん極限状況を想定した時計造りは、一般ユーザーに対するロレックス製品の信頼性を高めることにもつながった。

こうした意欲的な開発精神は現代にも受け継がれ、2000年にはクロノグラフの自社一貫生産に成功。2007年には耐磁時計「ミルガウス」の次世代モデルや、新しいレガッタ用のクロノグラフを発表。常に時計界の話題の渦中にありながら、実用性に根差した時計造りを今も着実に行っている。

【創業年】1905年
【創業地】イギリス、ロンドン
【主なシリーズ名】オイスター パーペチュアル、チェリーニ
【問い合わせ先】日本ロレックス 広報課 03-3216-5671

公式サイト:http://www.rolex.com/ja/