KING JIM|動ける簡易寝袋「着る布団&エアーマット」が登場

KING JIM|動ける簡易寝袋「着る布団&エアーマット」

DESIGN PRODUCT

KING JIM|キングジム

画期的な災害時環境改善グッズ

「着る布団&エアーマット」が登場

近年、ユニークかつ実用的な視点からさまざまな製品をリリースしているキングジムから、人型の簡易寝袋「着る布団&エアーマット」が9月26日(金)にリリースされる。こちらは災害時にオフィス待機となった際の滞在・就寝のサポートを前提としたホスピタリティに溢れたプロダクトだ。

Text by OPENERS DESIGN

着脱しやすく、いざというときにすぐ動ける

東京都では平成25年に「東京都帰宅困難者対策条例」が施行されるなど、災害時の混乱を回避するための対策がいくつか設けられている。公共交通機関の復旧の見通しがないなか、混乱を回避するため、数日間オフィスに待機するということも想定される。東日本大震災以降、こういった帰宅困難者にたいしての意識は高まりつつあるが、オフィスや避難所で待機するということは、硬く冷たい床で体を痛めたり、眠れないなどといった問題点があった。そんな問題をスマートに解決してくれる製品が、この「着る布団&エアーマット」だ。

futon_327

「着る布団&エアーマット」は、簡単に脱ぎ着がしやすく、着たままでも身動きがとれる寝袋。一般の寝袋と異なり人型の形状のため、いざというときにも柔軟に対応できるのが特徴だ。前面ファスナーですぐに着脱可能、首まわりやズボンの丈は調節が可能なフリーサイズとなっている。男女兼用でズボンは幅が太く、靴を履いたままでも着ることができる。

また、約5センチの厚さのエアーマットがセットになっていて、これにより床の硬さを回避することが可能に。丸めれば枕としても使え、付属のエアーポンプで簡単に膨らませることができ、空気の層により暖房が効かない室内環境でも、床からの冷えを緩和できる。A4ファイルサイズのボックスに収納されているので、書庫や引き出しなど、オフィスで効率的に保管が可能だ。災害時のストレスを少しでも軽減するためにも、まずは備えることからはじめてみてはいかがだろうか。

「着る布団&エアーマット」
価格|4500円(税抜)

着る布団
サイズ|約160×60 cm(使用時)
色|青
生地|ポリエステル
中綿|ホロファイバー
質量|約700 g

エアーマット
サイズ|約195×70 cm(使用時)
素材|ポリエチレン・ナイロン
厚み|100 µm
質量|約440 g
最大耐荷量|約200 kg
付属品|エアーポンプ(手動)
収納時パッケージサイズ|W315×H230×D135 mm

キングジム お客様相談室
free150120-79-8107

http://www.kingjim.co.jp/