BMW i3を国内試乗|BMW

BMW i3を国内試乗|BMW

CAR

BMW i3|ビー・エム・ダブリュー i3
エポックメイキングな電気自動車

BMW i3を国内試乗 (2)

アクセル操作に大きな特徴

操作系もiオリジナルのデザインとなっている。“走らせる”機能はステアリングコラムから向かって右方向に突き出している太いレバーに集約されていて、ここにスタート/ストップ ボタン、ロータリー式のドライブ セレクター(D、N、Rレンジへの切り替え)、パーキング ボタンが並んでいる。始動させるにはまずスタート ボタンを押してレディ状態にし、ドライブ セレクターをひねってDレンジを選ぶだけでいい。なお、電気式パーキングブレーキのスイッチはセンターコンソール上に設けられている。

スロットルを踏み込むと、i3は軽々と走り始める。ノイズレベルは、もちろん低い。インバーターやモーターの騒音レベルも比較的小さい。「eゴルフ」にはちょっと負けるかもしれないが、このくらい小さければまず気にならないだろう。

s_bmw_i3_023
s_bmw_i3_027

それよりも特徴的なのがスロットルペダルというか、アクセラレーターのセッティングだ。いや、加速方向にかんしては特に違和感を覚えない。ところが、アクセラレーターを戻したとき、意外なほど大きな減速Gが発生するのである。

EVだから減速時のエネルギーを積極的に回生するのは当然といえば当然。その結果として大きな減速Gが発生するのもよくわかる。ただし、i3は、フットブレーキを軽く使ったときとおなじくらい大きな減速Gが発生するのだ。

これを便利と思うか、「感覚にあわない」と感じるかは個人差があるだろう。じつは、BMWがi3の開発をおこなう過程で試験的に制作された「MINI E」は、アクセラレーターを離すと0.3Gの減速Gを発生した。通常のクルマのフルブレーキングが1Gと言われているからその1/3ほどだが、おそらく普通のひとには「急ブレーキ」と感じられるレベルだろう。

それでも、私はMINI Eの運転操作に意外なほど短時間で慣れることができた。そしてひとたび慣れてしまえば、ブレーキペダルへの踏み替えが必要ない分、むしろ便利とさえ思った。

s_bmw_i3_015

それがi3では、MINI Eの半分程度まで減速Gが減少したように感じられる。それでも初めて乗ったひとは違和感を覚えるだろうが、この程度だったら許容範囲内かもしれない。そのいっぽうで、たとえば少し先の信号が赤に変わって徐々に減速していこうと思うようなときには、相変わらずフットブレーキを使わずにアクセラレーターの操作だけで停止できるのだから、まあ、いい妥協点といえるかもしれない。