新型XC90がいよいよデビュー間近|Volvo

新型XC90がいよいよデビュー間近|Volvo

自動車情報

Volvo XC90|ボルボ XC90
ボルボが誇る先進の安全装備をさらに充実

新型XC90がいよいよデビュー間近

ボルボのフラッグシップSUV「XC90」の新型が、欧州でまもなく公開される。フルモデルチェンジを受けて2世代目となるXC90には、世界初となる2つの安全技術が投入されているという。

Text by OHTO Yasuhiro

独特なラグジュアリーの美意識

発表を目前に控えたボルボのフラッグシップSUVXC90」だが、そのエクステリアデザインはいまだベールに包まれたまま。しかしながら、現行モデルとおなじく全輪駆動を採用した7シーターであること、フラッグシップにふさわしいクォリティ感のあるインテリア、そしてボルボの誇る高い安全性能が明らかにされている。

ボルボでは、昨年のフランクフルトモーターショーで発表された「クーペ コンセプト」、デトロイトモーターショーでお披露目された「コンセプト XC クーペ」、そして今年3月のジュネーブモーターショーで登場した「コンセプト エステート」をボルボの新世代モデルを象徴するコンセプトとして発表してきた。

それらの集大成として、はじめてプロダクションモデルに昇華したのが、この新型「XC90」だ。そのため、デザインコンセプトや最先端装備などに、これまでコンセプトで採用されてきたものを見て取ることができる。

s_volvo_xc90_019
s_volvo_xc90_027

3列シートのゆったりしたキャビンのインテリアは、ボルボの特徴であるスカンジナビアンテイストをそのままに、よりラグジュアリーな雰囲気を演出。ウッドとレザーのコンビネーションは、これまでのボルボのもつ温かみを強調する。

オプションとはなるが、これまでにないデザインをもつ特徴的なシフトレバーは、スウェーデンの有名なガラスメーカーであるオレフェス社製のクリスタルガラス製。ボルボがもつ、ドイツ車などとはことなるラグジュアリーへの美意識を垣間見せる装備といえよう。このほか、エンジンスタートボタンやドライブコントロールボタンも、ちょっとしたアクセサリーのような繊細な加工が施される。

ダッシュボード中央に備わる、大型のスクリーンはタッチスクリーン式で、iPhoneを車両のインターフェイスで活用できる「CarPlay」も利用が可能だ。音声認識システムである「Siri」に対応しているため、ハンズフリーで操作することができる。

ドライバーの眼前に広がるインパネも液晶モニタータイプへとなり、各種アラートやナビゲーションの表示など、状況にあわせて最適な表示が可能となっている。

オーディオには、トップモデルとしてイギリスのハイエンドブランド「Bowers & Wilkins」のシステムを用意。このシステムは、19のスピーカーで構成されており、最大出力は1,400Wを誇る。

このほかにも、224Wのアンプに12スピーカーとフレッシュ エアー サブウーファーを備えた「ハイパフォーマンス システム」、52Wのアンプと6スピーカーを組み合わせた「スタンダードシステム」の合計3システムから選ぶことができる。どのシステムにもも最新の高度な音響処理ソフトを採用しており、ドライブと音楽鑑賞を同時に楽しめるようになっている。

s_volvo_xc90_024