八ヶ岳で本格的な映画を楽しむ 「星空の映画祭」開催

八ヶ岳で本格的な映画を楽しむ 「星空の映画祭」開催

MOVIE TOKYO Tips

八ヶ岳の高原で映画を楽しむ

「第29回 星空の映画祭」開催

野外で本格的に映画を楽しめる「第29回 星空の映画祭」が、8月1日(金)から8月24日(日)まで、長野県原村の八ヶ岳自然文化園野外ステージで開催。話題の最新作からハリウッド映画の名作まで、全8作品がラインナップされている。

Text by WATANABE Reiko(OPENERS)

降り注ぐ星のもとで、ロマンチックな映画体験

1981年にスタートし、その後26年間にわたって長野県原村の夏の風物詩として多くの人に愛されてきた「星空の映画祭」。2007年に1度は惜しまれつつ幕を閉じたものの、地元住民を中心とした有志ボランティアによって復活。4年目を迎えた2013年には、5000人を超える来場者数を記録するなど、地道な活動でファンの心をつかんでいる映画祭のひとつだ。

会場となるのは八ヶ岳自然文化園園内の野外ステージ。標高1300メートルに位置する原村の高原に幅11メートル、高さ5メートルのスクリーンを張り、35ミリフィルム映写機と最新のデジタルプロジェクターを使用して、屋外ながらも5.1チャンネルの迫力ある音響で本格的に映画を楽しむことができる。

上映作品は、ディズニー映画『アナと雪の女王』の2D日本語吹き替え版をはじめ、ベン・スティラーが監督と主演を務めた『LIFE!』や、ロバート・ゼメキス監督作品『バック・トゥ・ザ・フューチャー』など、今年の話題作から1980年代の名作まで、幅広い層に向けた作品を取り揃えている。

『LIFE!』
© 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.

『ムーンライズ・キングダム』
© Focus Features

なかでも、ウェス・アンダーソン監督『ムーンライズ・キングダム』や、高畑勲監督『かぐや姫の物語』といった、「星空の映画祭」ならではのシチュエーションで、より楽しめる心憎いセレクトも。

降り注ぐ星のもと、ロマンチックな野外映画館で、忘れられない夏の思い出を目に焼き付けたい。

「第29回 星空の映画祭」
日程|8月1日(金)~8月24日(日) (8~9日は休映) ※雨天決行
会場|八ヶ岳自然文化園野外ステージ(長野県諏訪郡原村17217-1613)
時間|18:45開場、20:00開映
料金|大人1200円 こども(中学生まで) 500円
上映作品|『アナと雪の女王』『風立ちぬ』『永遠の0』『かぐや姫の物語』『ムーンライズ・キングダム 』『LIFE!』 『バック・トゥー・ザ・フューチャー』『ブルース・ブラザーズ』(全8作品)
主催|星空の映画祭実行委員会
特別協力|八ヶ岳自然文化園、茅野新星劇場

http://www.hoshizoraeiga.com/