新型スマートを発表|smart

新型スマートを発表|smart

CAR NEWS

Smart fortwo|スマート フォーツー
Smart forfour|スマート フォーフォー

新型スマートを発表

コンパクトカー「スマート」がフルモデルチェンジを果たした。ルノーと共同開発したという新型は、その基本をひと足先に登場した「トゥインゴ」と共有するが、堅牢なボディシェルをデザイン化した“トリディオンセーフティセル”をはじめ、ひと目でスマートと判別できるキャラクターは健在だ。

Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)

2シーターと4シーターを同時に用意

ダイムラーが製造するシティコミューター「スマート」が新型となった。今回は、従来からの2ドア2人乗りモデル「スマート フォーツー」にくわえ、4ドア4人乗りの「スマート フォーフォー」も復活した。

かつて日本でも販売されたいた「スマート フォーフォー」は三菱自動車との共同開発で生まれ、三菱「コルト」と共有するシャシーをもちいていたが、新型スマートでは、フォーツー、フォーフォーともにルノーとの協業で生まれた。ルノー側からは新型「トゥインゴ」としてひと足先に発表済みだ。

Smart fortwo

Smart forfour

新型スマートのサイズは、フォーツーで全長2.69×1.66×1.55メートル、フォーフォーは3.49×4.66×1.55メートル。コンパクトなボディでありながらも、広い室内空間をかせぎ出し、フォーツーのフットペダルから荷室後端までの長さは2,011.6mm、荷室容量は350リットルを確保した。これがフォーフォーになると、その室内長は2,707.3mm、トランクは255リットルから後席を倒すことで最大975リットルのスペースをほこる。

さらにフォーフォーの後席には、“Ready Space”と名付けられたリバーシブルのシートをオプションで用意。これは、表面を通常のシートとして利用でき、荷物の積載時には裏返すことでクッション部分を隠し、120mm荷室を低めることできるというもの。

フォーツーのリアハッチは上下分割式で、非常に狭いスペースでも荷物の出し入れを可能とする。フォーフォーのリアハッチはオーソドックスな上ヒンジタイプだが、リアドアがほぼ90度まで展開でき、荷物の積載や乗降時の利便性が高められている。