メルセデス・ベンツの新型Cクラス、日本初上陸|Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツの新型Cクラス、日本初上陸

特集|メルセデス・ベンツ新型Cクラス

Mercedes-Benz C Class|メルセデス・ベンツ Cクラス

7年ぶりのフルモデルチェンジ

新型Cクラス(W205)、日本デビュー

メルセデス・ベンツ日本は、今年1月にデトロイトでワールドデビューを飾り、7年ぶりのフルモデルチェンジとなった新型Cクラス(W205)を国内ではじめて披露。発売を開始した。

Text by AKIZUKI Shinichiro(OPENERS)

量産車で世界初

「今年のメルセデスは本気です」。同社代表取締役兼CEOを務める上野金太郎氏による、このひとことからイベントは幕を開けた。新型Cクラスのコンセプトは、“アジリティ&インテリジェンス”。1982年に「190クラス」を発売を開始して以来、動力性能や快適性、安全性などあらゆる面において常にセグメントの指標とされてきた同社の看板モデルが、新世代に相応しい装備を満載し、本日ついに日本でのデビューを飾った。

さまざまな最新テクノロジーによって開発された新型Cクラスだが、注目すべきポイントは以下の3点だ。

・軽量高剛性アルミニウムハイブリッドボディの採用
・新型Sクラス譲りのインテリジェントドライブ
・さらに進化した部分自動運転

Mercedes-Benz C 250 Sport

現行「Eクラス」および「Sクラス」と後輪駆動プラットフォームを共有する新型Cクラス(W205)。先代Cクラスでは、ボディシェルで使用するアルミニウムの比率が全体の僅か10パーセントだったが、新型では、同クラスの量産車としては類を見ない約50パーセントに。さらに高張力鋼板などを適材適所に組み合わせたことで革新的な軽量高剛性アルミニウムハイブリッドボディを生み出した。車両重量は先代比(ホワイトボディ)で、マイナス70kgにもなる。

この軽量高剛性ボディの採用により、重心高の低下によるスポーティかつ俊敏なハンドリング、NVH(騒音、振動、ハーシュネス)特性の最適化にくわえ、動力性能をまったく犠牲にすることなく燃費を最大30パーセント以上向上したと、メルセデスは謳う。

このアルミニウムハイブリッドボディの製造を可能にしたのは、「ImpAcT(インパクト)(Impulse Accelerated Tacking)」と呼ばれる接合方式だ。これは、アルミニウムとスチールのコンポーネントを重ね合わせ、そこに高速でリベットを貫通させ接合するという技術。ドアやボンネット、ルーフなど外板パネルの大半にアルミを多用することで徹底した軽量化を可能とした。量産車としてはメルセデス・ベンツが今回、世界ではじめて採用した製造方法だ。