アウディQ3と一体化するテント|Audi

アウディQ3と一体化するテント|Audi

CAR NEWS

Audi Q3|アウディ Q3

アウディQ3と一体化するテント

アウディはコンパクトSUV「Q3」をアウトドアで活用する提案として、車両と融合するテントを発表した。

Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)

組み立ては7分で完了

アウディは世界耐久選手権(WEC)第3戦が開催されたル・マンの地において、コンパクトSUV「Q3」をアウトドアで活用するコンセプトを提案した。その中核は、Q3と合体できるテントだ。

「Q3 キャンピング テント」と名付けられたこのテントは、あらたに開発されたコンセプトアイテム。専用の収納袋から取り出し、広げ、空気を注入することわずか7分で設営が完了するという利便性の高さと、時速70km/hの強風まで耐える堅牢さを兼ね備えた本格的なテントだ。

また、もうひとつの特徴がテントの外側に付けられる“窓”。ここに、Q3をリアハッチを開けた状態で接続させ、テントから車内への直接アクセスを可能とする。風雨や車両の汚れがテント内に侵入することがないよう、開口部はQ3の荷室にぴったり合うように設計され、上はハッチドアの外側からすっぽり覆い、バンパーより下はテントがカバーとなる。

残念ながらコンセプトということで商品化されてはいないが、アウトドアシーズンを迎えるこの時期、気になるアイテムのひとつだ。