シボレー コルベットに試乗|Chevrolet

シボレー コルベットに試乗|Chevrolet

CAR IMPRESSION

Chevrolet Corvette Coupe Z51|シボレー コルベット クーペ Z51

これぞアメリカン スーパーカー

シボレー コルベットに試乗

2013年のNAIAS(デトロイト モーターショー)ワールドプレミアを果たし7世代目となった新型コルベット(C7)が、4月12日より日本でも発売を開始した。導入当初からクーペとコンバーチブルという2つのボディタイプを用意し、ベースモデルとスポーツ性能を高めた“Z51”をそれぞれにラインナップ。そんな最新アメリカン スーパーカーを、櫻井健一氏が早速試乗した。

Text by SAKURAI KenichiPhotographs by TSUKAHARA Takaaki

ゼロから開発された新型コルベット

1954年の誕生から、今年で60周年。シボレー「コルベット」は、その長きにわたってアメリカを代表するスポーツカーとして君臨してきた。現行モデルは初代から数えて実に7世代目にあたるもので、昨年のデトロイト モーターショーでワールドプレミアを果たしている。日本仕様は、クーペとコンバーチブルの2タイプ。それぞれにベースモデルと、高性能バージョンといえる「Z51」を用意した。これらにくわえ、4月に開催されたニューヨーク ショーでは、よりハイパフォーマンスな「Z06」も登場し、着実にバリエーションを広げている。

今回のフルモデルチェンジでは、前代モデルからの流用されたパーツはたったのふたつのみ。まさに、ゼロから開発されたまったくあたらしいコルベットであるといえる。日本上陸モデルから今回試乗用に選んだのは、トップモデルともいうべき「Z51」のクーペ。マニア垂涎の7段MTバージョンである。

ボディデザインは、誰がどう見てもコルベットのニューモデルだとわかる、歴代モデルの延長線上にある進化版といえるだろう。FRらしいロングノーズ ショートデッキのフォルムにくわえ、ワイド アンド ローを強調したボディは、まさにスポーツカーのそれで、素直に「カッコいい」という言葉が口をついてくる。

カーボンファイバー製エンジンフードや複合素材を使用したフェンダー、ドア、リアサイドパネル、さらにカーボン ナノ コンポジット製アンダーボディパネルなどの軽量素材を採用し、重量はクーペモデルでわずか1,580kgに抑えられた。もちろんこれらが載るオールアルミ製フレームもゼロから新開発されたもの。従来のフレームはスチール製であり、これだけで45kgもの軽量化を果たしているのだという。

さらに、クーペモデルには、もれなく着脱可能なカーボンファイバー製ルーフパネルが備えられ、手軽にオープンエアモータリングを楽しめるのも魅力といえそうだ。このカーボンファイバー製ルーフパネルは大人ひとりで着脱が可能。外したパネルはラゲッジスペースにワンタッチで固定できるようになっている。