ゴルフ GTIのアイコン、チェック柄シートの秘密|Volkswagen

ゴルフ GTIのアイコン、チェック柄シートの秘密|Volkswagen

特集|自動車デザインのトレンドをさぐる

Volkswagen Golf GTI|フォルクスワーゲン ゴルフ GTI

カラー&トリム・シニアデザイナー マヌエラ・ヨーステン氏に訊く

ゴルフ GTIのアイコン、チェック柄シートの秘密

「ゴルフGTI」といえば、ホットハッチの代名詞だが、しかしその開発には女性も深く関与している。なかでもGTIのアイコンともいえるチェック柄のシートが女性の手によるものとは意外な発見だ。その担当者であるドイツ人、マヌエラ・ヨーステン氏にインタビューする機会を得た。フォルクスワーゲンの内装へのこだわりとは──

Text by OGAWA Fumio

ファッションとの共通点

──そもそも疑問におもっていたのは、なぜ、ドイツのスポーツカーにはチェック柄が多いか、ということです。たとえば戦前のメルセデスベンツのレーシングカーもチェック柄のシートです。

マヌエラ・ヨーステン氏(以下MJ) 「なんででしょう(笑)。他社のことは知りませんが、初代『ゴルフGTI』のシート柄はクロスチェックというのですが、あのシート柄を採用したときは、同様のチェック柄がファッションの世界で流行っていたのです。デザイナーはスコットランド人だったはずです」

──それを受け継いできたわけですね。

MJ 「はい。けれども、クロスチェックという言葉でくくればおなじ範疇に入るかもしれませんが、実際はたとえば
先代GTIのクロスチェックは初代とまったくちがいますし、
新型GTIのものは、さらにアップデートされています」

初代ゴルフ GTI(左)と、7代目ゴルフ GTI(右)

初代ゴルフ GTIのインテリア

──アップデートとはどういうことでしょう。

MJ 「先代は光沢ある糸で織ったところに、あたらしさがあったとおもいます。新型は、ひとことでいうと、立体的になっています。チェックがいくつかのレイヤーになっていて、上の層は浮いているように見えるはずです。しかも表面に粒状の処理が施されていて、触感的にもスポーティな印象を強くもたせることができたと私は考えています。

初代が当時の技術的な問題からジャカード織りを使えなかったように、シート素材も最新の技術と手に手をとって進んでゆくものです。新型GTIのシート表皮はこれまで使えなかった新素材です。技術が進歩してクルマのインテリアもあたらしい装いをまとう。その点はファッションとも共通点がありますね」