FRED PERRY|高橋理子コラボ第2弾のポロシャツが発売

FRED PERRY|高橋理子コラボ第2弾のポロシャツが発売

FASHION NEWS

FRED PERRY|フレッドペリー

フレッドペリーとアーティスト高橋理子のコラボ「TAKAHASHI HIROKO for FRED PERRY」

コラボレーション第2弾は、二面性をもつポロシャツ

昨年7月、フレッドペリーとアーティスト高橋理子のコラボレーション第一弾として、てぬぐい「100×35」と「SLEEVE BAG」をリリースしたプロジェクト「TAKAHASHI HIROKO for FRED PERRY」。コラボ第2弾となるポロシャツが5月16日(金)より発売される。

Text by KAJII Makoto (OPENERS)

前と後ろでまったく印象がちがうアプローチ

まるでキャンバスを背負っているかのような背中のアートワーク ── アーティスト高橋理子さんが描く円と直線が、フレッドペリーのポロシャツと見事に合体。

円と直線から生み出される象徴的なパターンを表現するために生まれたシルエットは、前後2枚で仕立てられ、前面が醸し出すクリーンな佇まいとは対照的な大胆な後ろ姿が印象的な、二面性をもつポロシャツが登場する。

デザインについて高橋理子さんは、「円と直線で構成された私のアイコン的なパターンを背面のみにプリント。昨今では、個性を主張するための要素としてファッションが例に挙がることがよくあるが、身につけたアイテムの個性が強すぎて、逆に自分自身のキャラクターが見えなくなるということがある。
前面が無地であることで、このポロシャツは、着ているひとの顔やその表情、佇まいから醸し出される個性を邪魔することがない。自分の個性を大切に、自分に向き合ってほしい。後ろ姿での主張のみ、このポロシャツに任せて」とメッセージ。

フレッドペリー|高橋理子 02

女性のみがプリント作業を担当する染色工場

今回の「TAKAHASHI HIROKO for FRED PERRY」ポロシャツの背面のプリントは、山形県鶴岡市にある染色工場「東福産業株式会社」によるもの。

東福産業の工場でプリント作業をおこなうのは女性のみで、女性ならではの細やかな気配りと高い技術には定評があり、多品少数ロット生産をおこなっていることで、多くの著名ブランドやデザイナーから高い評価を受けている。

高橋理子さんは染色工場について、「とても信頼している工場。工場に行くと、女性の職人の皆さんの良いものに仕上げたいという熱意が伝わってくる。もの作りの場が減少傾向にある日本において、私にとってはとても貴重な存在。ポロシャツは伸縮性のある鹿の子生地で、プリント工場としては扱いがとても難しい。プリントに使用する顔料の収縮なども考慮した上で、プリントサイズや繰り返しプリントする際の間隔を調整している」とコメントを寄せた。

競争の激しいファッション業界で淘汰されることなくつねに高品質の製品を供給している工場から生まれるポロシャツで、夏の着こなしを楽しみたい。

また、昨年の第一弾で発売された、てぬぐい「100×35」と「SLEEVE BAG」も新色が登場し発売される。

FRED PERRY SHOP HARAJUKU
東京都渋谷区神宮前4-31-5 インガレッソビル 1F
Tel. 03-5770-6920
http://www.fredperry.jp/

ABOUT
TAKAHASHI Hiroko

アーティスト/株式会社ヒロコレッジ 代表取締役 1977年生まれ。東京藝術大学で染織を学び、同大学大学院修士課 […]