EAT|大分県竹田市で野外レストラン「DINING OUT TAKETA with LEXUS」開催!

EAT|大分県竹田市で野外レストラン「DINING OUT TAKETA with LEXUS」開催!

EAT TOKYO Tips

EAT│注目のフレンチシェフ、リオネル・べカ氏と地元食材とのコラボレーション

大分県竹田市で「DINING OUT TAKETA with LEXUS」開催

日本のどこかで、数日だけオープンするプレミアムな野外レストラン「ダイニング・アウト」が、大分県竹田市で5月31日(土)、6月1日(日)の2夜限定で開催。注目のフランス料理のシェフ、リオネル・ベカ氏(「ESqUISSE エスキス」)を招き、土地の優れた食材を、その土地をもっとも象徴する場所で食べられる“最高の野外レストラン”がお目見えする。

Text by YANAKA Tomomi

『荒城の月』の舞台である幻想的な城址がメインダイニングに

2012年に博報堂DYメディアパートナーズが主催してスタートした「ダイニング・アウト」。これまでに新潟の佐渡島や沖縄の八重山、四国の秘境として知られる祖谷などで開かれてきた。そして、今回「DINING OUT TAKETA with LEXUS」の舞台は大分県竹田市。瀧廉太郎が『荒城の月』の構想を練ったという岡城の城址(じょうし)にメインダイニング会場がつくられ、幻想的なレストランが出現する。

毎回、注目のシェフが登場することで知られるこのイベント。今回は「ダイニング・アウト」の、「食をつうじて地元の人さえ気づかなかった魅力を再発見する」というコンセプトに共鳴した、銀座のフレンチレストラン「ESqUISSE エスキス」のシェフエグゼクティブ、リオネル・ベカ氏が腕を振るう。

一方のホスト役は、コラムニストの中村孝則氏。「世界のベストレストラン50」の日本評議員代表として活躍する中村氏は、ベカ氏との親交も厚い。現地の食材のつくり手を訪ね、メニューのアイディアを巡らせる旅にも同行したという。また当日は、竹田市を拠点に世界で活躍する和太鼓アーティスト「DRUM TAO」のパフォーマンスも繰り広げられる。

リオネル・ベカ氏

中村孝則氏

DRUM TAO

申し込みは「ダイニング・アウト」の特設サイトから。ベカ氏が抱く日本食材や食文化への深いリスペクトを感じるとともに、雄大な自然のなかで悠久の歴史を感じながら五感で味わう特別な一夜。この機会、お見逃しなく。

「DINING OUT TAKETA with LEXUS」

日程│5月31日(土)、6月1日(日)
代金│5万4000円~ ※3つの参加プランから選択
申し込み│ダイニング・アウトオフィシャルサイトをつうじJTBに申し込み