新コンパクトSUV、Lexus NXがワールドプレミア|Lexus

新コンパクトSUV、Lexus NXがワールドプレミア|Lexus

CAR NEWS

Lexus NX│レクサス NX

新コンパクトSUV、Lexus NXがワールドプレミア

レクサスは、4月20日(日)に開幕した北京モーターショーで、新型ラグジュアリーコンパクトクロスオーバー、レクサス「NX」をワールドプレミアした。

Text by YANAKA Tomomi

新開発のダウンサイジングターボエンジンを搭載

レクサス初のコンパクトクロスオーバーSUVとして北京モーターショーで発表された「NX」。昨年のフランクフルトモーターショーで発表されたコンセプトモデル「LF-NX」を経て、いよいよ2014年後半に発売される。

ラインナップは、レクサス初となる新開発の2リッター ターボエンジンを搭載した「NX200t」と、2.5リッター直4にモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを採用する「NX300h」の2モデル。ボディサイズは、いずれも全長4,630×全幅1,845×全高1,645mmだ。

ダウンサイジングされた新開発の2リッターターボエンジンは、水冷式エキゾーストマニホールド一体シリンダーヘッドとツインスクロールターボチャージャーを世界ではじめて採用するなど、新技術を数多く採用。

また、このターボエンジンにあわせて6段オートマチックトランスミッションもあらたに開発され、ターボエンジンのトルクを最大限に活用し、アクセル操作で優れたレスポンスを実現するという。さらに、レクサスとしてはじめてアイドリングストップ機能も搭載された。

いっぽう「NX300h」は2.5リッターのアトキンソンサイクルエンジンとトルクモーターを内蔵したハイブリッドパワートレーンが、低燃費とCO2排出量の低減に寄与。乗り心地と操縦安定性を高めるため、ばね上制振制御を採用し、駆動用モーターのトルクをきめ細かく制御することで車のゆれを抑えるという。

Lexus NX300h

Lexus NX 200t F Sport

NX200tでは、前輪駆動と4輪駆動の変更を自動的に制御する、ダイナミックコントロールAWDを搭載。車両挙動に応じてきめ細かく後輪にトルクを分配することでコーナリング性能を向上させている。

レクサスではこのほかにも、車を真上から見たような映像をナビゲーション画面に表示するパノラミックビューモニターを導入。今後は、内外装をスポーティーに演出し、専用チューニングのサスペンションを搭載した「F SPORT」も導入される予定だ。

080507_eac_spec
Lexus NX200t|レクサス NX200t
ボディサイズ│全長 4,630 × 全幅 1,845 × 全高1,645 mm
ホイールベース│2,660 mm
トレッド前/後│1,580 / 1,580 mm
エンジン│1,998cc 直列4気筒ターボ
最高出力│175 kW(238 ps)/4,800-5,600 rpm
最大トルク│350 Nm(35.7 kgm)/1,650-4,000 rpm
トランスミッション│6段AT
駆動方式│FF、AWD

Lexus NX300h│レクサス NX300h
ボディサイズ│全長 4,630 × 全幅 1,845 × 全高 1,645 mm
ホイールベース│2,660 mm
トレッド前/後│1,580 / 1,580 mm
エンジン│2,493cc 直列4気筒ハイブリッドエンジン
システム最高出力│145 kW(197 ps)
トランスミッション│電気式無段階変速
駆動方式│FF、AWD(E-Four)